シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田将生、5年ぶり単独主演は自ら名乗り!

岡田将生、5年ぶり単独主演は自ら名乗り!
岡田将生

 24日、都内で行われた映画『オー!ファーザー』の初日舞台あいさつに、俳優の岡田将生が登壇した。岡田にとっては5年前の2009年に公開された『ホノカアボーイ』で初主演を務めて以来となる単独主演。岡田は「今回は4人の父親がいるという設定。4人の役者さんはとても自由で、まとめ上げるのが大変だった」と冗談を交えながらも充実した撮影だったことを明かした。

 同映画は4人の父親を持つ高校生・由紀夫(岡田)が、偶然目撃したカバンのすり替えをきっかけに監禁事件に巻き込まれていくサスペンスコメディーで、原作は作家の伊坂幸太郎の同名小説。この日は伊坂からメッセージが届いており、「『重力ピエロ』の時に出演していた岡田さんに、今回の主演を任せて本当に良かった」とのコメントが読み上げられる一幕も。これに対し、岡田は「今回はこの映画の話が持ち上がった時に自ら主演に名乗りを上げた。役目を果たせて本当に幸せです」と感謝をにじませた。

 この日は父親を演じた佐野史郎と河原雅彦も出席。佐野は「4人の父親がいるのに妻は1人しかいないという奇妙さについても見ていただければ」と作品を観る上でのヒントをポロリ。対して河原はやや緊張気味で常にコメントが上滑りながらも、「使えるコメントが全くなくてすいません」とのコメントで会場を沸かせた。さらには、残り2人の父親役を務めた宮川大輔と村上淳から漫才タッチのビデオメッセージが寄せられ、観客を楽しませた。

 また、キーパーソンとなる街のギャンブルを仕切るフィクサー役を務めた柄本明と、ヒロインを演じた忽那汐里も登壇しており、柄本は岡田について「岡田君は演技の際に非常に悩む人。でも、悩むのはいいことなので、『悩みながら演じなさい』とアドバイスした」と貫録のコメント。忽那は「変わった設定の家族だが、こんな家族があってもいいなと思った」と作品への思いを語った。(浜崎友広)

映画『オー!ファーザー』は東京・角川シネマ新宿のほか、大阪・テアトル梅田などで公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 岡田将生、5年ぶり単独主演は自ら名乗り!