シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

猿と人類、存亡を懸けた決断が下る!『猿の惑星』最新作予告編公開!

猿と人類、存亡を懸けた決断が下る!『猿の惑星』最新作予告編公開!
猿がショットガンを構える! 『猿の惑星』新作の予告編が公開! - (C) 2014 Twentieth Century Fox

 伝説的SFシリーズの前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編となる『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の予告編が公開された。舞台は、猿の驚異的な進化と蜂起が描かれた前作から10年後。平和を望みながらも、「共存」か「対立」かの選択を迫られる猿と人類の苦悩、そして前作以上の迫力のバトルを予感させる映像が展開する。

 高度な知能を備えた猿シーザーが、自分を裏切った人類に対し、自由を求めて牙をむくまでを描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。最新技術により本物と見まがうばかりに表現された猿たちのVFXや、アンディ・サーキスがモーションキャプチャーによって演じたシーザーの魅力あふれるキャラクター、そして迫力のアクションと感動を呼ぶ物語が高く評価され、世界中で大ヒットを記録した。

 続編となる本作で描かれるのは、その後、森の奥にコロニーを築いた猿たちと、崩壊した市街地に身を潜めているわずかな人類による対立。猿たちのリーダーとなったシーザーと、彼らとの和解の道をさがす人類の穏健派マルコム(ジェイソン・クラーク)との交流を軸に、憎しみが呼び起こした争いに向かう猿と人類、その先に双方が、破滅的な最終決戦に向けた決断を迫られる姿を描く。

 前作でも、自身を育てた人類に対する複雑な感情をのぞかせていたシーザー。予告編では毅然とした態度で猿たちを統率する一方、「家族」「未来」とつぶやく姿から、心から平和を願っていることをうかがわせる。一方、映像の後半では、険しい表情で「戦いは避けられない」とつぶやく姿も描かれており、人類と猿の対立が決定的なものとなる悲劇を予感させる。

 ルパート・ワイアット監督に代わってメガホンを取ったのは、映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』において、巨大生物による都市破壊をリアリティーあふれる演出で描いたマット・リーヴス。本作では約2,000頭のサルと人類が入り乱れる戦闘シーンに挑戦しているといい、前作以上の興奮を味わえそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は9月全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 31日
  5. 猿と人類、存亡を懸けた決断が下る!『猿の惑星』最新作予告編公開!