シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「ギャングキング」作者原作の人情ヤンキー映画『ガキ☆ロック』が完成!

「ギャングキング」作者原作の人情ヤンキー映画『ガキ☆ロック』が完成!
『ガキ☆ロック』が完成! - 中村僚志、前田公輝、上遠野太洸、川村陽介、中前勇児監督

 「ギャングキング」で知られる人気漫画家・柳内大樹原作の同名コミックを実写化した映画『ガキ☆ロック』完成披露イベントが13日、イオンシネマ板橋で行われ、上遠野太洸、前田公輝、中村僚志、川村陽介、中前勇児監督が登壇した。

 本作は、浅草で生まれ育ち、実家のストリップ小屋・イギリス座を手伝いながら、仲間とケンカに明け暮れる日々を送る不良少年・志村源(上遠野)が、悲しい過去を抱えるストリップ嬢の蝶々(佐津川愛美)とその兄(岡田義徳)のために奮闘する物語。

 この日、キャスト陣は劇中衣装で登壇。本作が映画初主演となる上遠野は「すごく緊張しています。初主演ということで、映画の舞台あいさつでど真ん中に立つこともなかったので、自分が主演の映画で、皆さまの前で話せることが感無量というか、とても感動しています」と感激の表情を見せた。

 イギリス座の支配人である源の父親役を務めているのは、個性派俳優・六平直政。中前監督は「撮影中にプロデューサーが『六平さんがやばいです!』と入ってきたんです。どうしたんだろうと思ったら、『漫画じゃこうなっているじゃないか』と言って、六平さんが太いマジックで眉毛を描いていた。仕方がないんで、僕の髪の毛を切って、六平さんの眉に貼りました。(映画には)六平さんの寄りのカットがありますけど、相当笑えますよ」と見どころを明かした。

 『男はつらいよ』のような人情味あふれるコメディー映画を目指したという本作。中前監督は「ポスターは寅さんっぽくはないですけど、寅さんに近づけたらいいなと思っていました。(ストリップ小屋が舞台なので)ファーストカットは女性の胸が映し出されているんですが、それ以外は懐かしさがある映画だと思います。皆さんにもほっこりしていただけたらと思います」と観客に呼び掛けていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ガキ☆ロック』は6月28日よりイオンシネマ板橋ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 13日
  5. 「ギャングキング」作者原作の人情ヤンキー映画『ガキ☆ロック』が完成!