シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アンジー、中国での"台湾人発言”が波紋

アンジー、中国での"台湾人発言”が波紋
"台湾人発言”が中国で波紋を呼んでいるアンジェリーナ・ジョリー

 女優アンジェリーナ・ジョリーの発言が、中国国内で波紋を呼んでいる。先日、『マレフィセント』のプロモーションのため上海を訪れたアンジーは現地メディアからの「一番好きな中国人監督は誰か?」という質問に対して、『グリーン・デスティニー』『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リーの名前を挙げたが、その際に「彼は台湾人ですよね」とコメント。この発言が「台湾独立」を支持したものとして、一部から反感を抱かれているようだ。

 Wall Street Journalによると、アンジーはアン・リー監督について「あなた方がアン・リーを中国人とみなしているかどうかはわかりませんが、彼は台湾人ですよね。でも、彼は多くの中国語映画を手掛けていて、多くの中国人俳優やスタッフと働いています。彼の作品やそこに出ている俳優たちのことはよく知っていますし、とても好きですよ」と発言した。

 台湾の独立問題はたびたびメディアを騒がせており、台湾が中国(中華人民共和国)の一部なのかどうかをめぐっては、現在もさまざまな議論が交わされている。それだけに、アンジーの発言は「台湾独立」を支持するものとして、中国のネットユーザーから反発を買ったもようであり、「中国と台湾が別々の国だと示唆したことで、彼女は嘲笑の的になった」といった意見がみられる。

 一方、台湾国内からはアンジーの発言に賛同を示す意見が多くあり、「勇敢で素晴らしい女性だ」といった称賛の声も寄せられている。また、この件について、『マレフィセント』の配給を務めるディズニーの現地担当者は「あれはアンジェリーナの個人的な意見です」とコメントしている。

 リー監督は台湾南部の屏東県出身。ただし、現在はアメリカ国籍を取得したものと考えられており、アンジーの発言自体が正しくないという意見もある。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 12日
  5. アンジー、中国での"台湾人発言”が波紋