シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

部分を見れば、全体が見える!「ジブリの立体建造物展」が開催決定

部分を見れば、全体が見える!「ジブリの立体建造物展」が開催決定
展覧会「ジブリの立体建造物展」メインビジュアル - (C)Studio Ghibli

 スタジオジブリ作品に出てくる建造物の背景画や美術設定、立体を通して、その設計の源に触れる展覧会「ジブリの立体建造物展」が7月10日より東京・江戸東京たてもの園にて開催される。

 同展は、スタジオジブリ作品の建造物に着目し、その歴史や意匠の観点から作品をひもとく展覧会。『風の谷のナウシカ』から最新作『思い出のマーニー』に至るまで、作品に出てくる建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料が公開されるほか、代表的な建造物を立体で表現するという。

 『千と千尋の神隠し』の油屋や『魔女の宅急便』のグーチョキパン店など、スタジオジブリ作品では数多くの建造物が印象的に描かれている。今回の展覧会では、そうした建造物が時代設定・検証を経て、入念にデザインされたものであることがわかるだろう。そして最終的には、そうした建造物を通して、登場人物たちの暮らしが浮かび上がってくるはずだ。

 同展では、建築史家・建築家の藤森照信氏が、専門家ならではの観点からスタジオジブリ作品の建造物を解説。またとない貴重な機会だけに、建築ファン、そしてジブリファンならずとも、ぜひとも足を運びたい展覧会となっている。(編集部・福田麗)

展覧会「ジブリの立体建造物展」は7月10日~12月14日に東京・江戸東京たてもの園にて開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 19日
  5. 部分を見れば、全体が見える!「ジブリの立体建造物展」が開催決定