シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

米倉涼子、人をいじめるのって楽しい…悪女役に快感?

米倉涼子、人をいじめるのって楽しい…悪女役に快感?
松本清張ドラマで悪女役に挑んだ米倉涼子

 女優の米倉涼子が30日、松本清張原作のスペシャルドラマ「強き蟻」(テレビ東京)の記者会見に出席し、今回挑んだ悪女役について、「つらいことやたまっていることを撮影で全部出せちゃうから楽しい!」とちゃめっ気たっぷりに語り、笑いを誘った。この日は、米倉演じる主人公に翻弄(ほんろう)される役どころに挑んだ、高嶋政伸、要潤、宅麻伸、橋爪功の4人がずらり勢ぞろいした。

 テレビ東京開局50周年特別企画となる本作は、1971年に刊行された松本清張の同名小説を基にした異色サスペンス。10億円に及ぶ夫の遺産を狙い、周到な殺害計画を企てる女性・伊佐子(米倉)と、彼女にアリのように群がる欲まみれの人々の姿を描く。

 今回で松本清張原作ドラマへの出演が5作目となる米倉は、「10億円手に入れて、イケメンたちを手玉にとりながらどんどん上にあがり、全てがうまく行っていると思い込んでいるかわいそうな女性の役です。松本さんの作品を久々にやらせていただいて、改めて面白くやりがいがある作品だなって思いました」と意欲満々。

 また、松本作品に対する思い入れについて聞かれると、「初めて出演させていただいた『黒革の手帖』(テレビ朝日)は、わたしがちょうど、『まだまだやれる、負けてたまるか』と思っていた時期で、その気持ちとリンクしてすごく肌に合ったんですね。そのほかの作品も、わたしの役は目的に向かってまっしぐらな女性が多かったので、すごく共感します」と手放しで絶賛した。

 さらに、伊佐子という悪女役について米倉は、「悪女を演じることに対して違和感が全くなくて、むしろ楽しいですね。(ドラマなので)良い人に思われたいとか考えなくてもいいし、普段のつらいこととか、撮影で出しちゃえばいい、みたいな気持ち? 後ね、(演技で)人をいじめるのって楽しい……」と、ちゃめっ気たっぷりに語ると、橋爪から「なんかたまっているものでもあるのか?」とナイスなツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。(取材:坂田正樹)

テレビ東京開局50周年特別企画「松本清張『強き蟻』」は7月2日夜9時より同局で放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 30日
  5. 米倉涼子、人をいじめるのって楽しい…悪女役に快感?