シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「SLAM DUNK」名言ランキングが発表!第1位は「バスケがしたいです……」

「SLAM DUNK」名言ランキングが発表!第1位は「バスケがしたいです……」
第1位に選ばれた「バスケがしたいです……」(第27話、三井寿)より

 井上雄彦の人気バスケットボール漫画「SLAM DUNK」のテレビアニメ化20周年&初ブルーレイ化記念として行われた“みんなが決めるSLAM DUNK名台詞”投票企画の結果が発表された。栄えある第1位には「バスケがしたいです……」(第27話、三井寿)が輝いた。

 投票は5月13日~6月15日に「SLAM DUNK Blu-ray Collection」オフィシャルサイトで受け付けており、1,000通を超える票が集まった。1位に選ばれたのは、不良だった三井が更生するきっかけになるせりふで、同エピソードがファンの間でも屈指の人気を誇っていることがうかがえる。

 第2位は、「最後まで、希望を捨てちゃいかん……あきらめたら、そこで試合終了だよ」(第26話、安西先生)。1位に選ばれたせりふと関連しているもので、1位と2位をセットで覚えている人も多そうだ。3位以下は「敗因はこの私!! 陵南の選手たちは最高のプレイをした!!」(第84話、陵南・田岡監督)、「あいつも3年間がんばってきた男なんだ。侮ってはいけなかった(第83話、陵南・田岡監督)、「メガネ君 引退が伸びたな この天才のおかげで!」(第84話、桜木花道)と続いている。

 3位・4位は、主人公・桜木花道たちが所属する湘北高校のライバル・陵南高校の田岡監督のせりふ。主人公たちだけでなく、ライバルチームの監督のせりふが選ばれるのは、多くの魅力的なキャラクターが登場する「SLAM DUNK」ならではといえそうだ。第6位以降は順次、オフィシャルサイトで発表される予定だ。

 「SLAM DUNK」は1990年から1996年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、バスケブームを巻き起こしたバスケ漫画。ズブの素人だった高校生・桜木花道がバスケの魅力に目覚め、仲間たちと成長していくさまをつづっている。テレビアニメは1993年から1996年にかけて放送され、劇場版も4作制作された。(編集部・福田麗)

「SLAM DUNK Blu-ray Collection」VOL.1は7月11日発売 以降2015年3月まで順次リリース・全5巻 各1万6,000円(税抜き) ※初回生産限定特典あり 発売元:東映アニメーション・東映ビデオ 販売元:東映


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 4日
  5. 「SLAM DUNK」名言ランキングが発表!第1位は「バスケがしたいです……」