シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

吉永小百合、フランス語スピーチに意欲?

吉永小百合、フランス語スピーチに意欲?
(左から)竹内結子、阿部寛、吉永小百合、笑福亭鶴瓶

 16日、女優の吉永小百合が企画・主演を務めた映画『ふしぎな岬の物語』の完成報告会見が都内で行われ、吉永をはじめ阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶が出席。同作は8月21日~9月1日(現地時間)にカナダで行われる第38回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門へ出品されることが決定しており、現地に阿部と赴く吉永は「とてもうれしくて。作品をしっかりアピールできたら」と喜びを語った。

 吉永は初めて企画を手掛けた本作を携え、カナダの映画祭へ出席することについて「出演者と共にプロデュースをしたという感じで行かないといけないので結構大変なんじゃないかと思います」とプレッシャーを口にしつつ、「向こうでしっかりとアピールできるように今からトレーニングしたいですし、もしかしたらフランス語でごあいさつをしなければならないかしら」と意欲満々に語った。

 また、プロデューサーとしての自身について聞かれると、吉永は「本が出来上がるまでは頑張ったんですけども、出演するようになったら阿部さんや鶴瓶さんのシーンが夜遅くまであるのに、次の撮影があるので後ろ髪を引かれる思いで途中で帰ってきたりしました。プロデューサーはそういうことをしたらいけないんですけれども」と申し訳なさそうに述懐。編集にも携わり「生まれて初めてスタッフの一員になり、こんなに大変なものだと初めてわかりました」とスタッフとしての苦労をこぼした。

 そんな吉永のプロデューサーぶりを、竹内は「緊張しているのをほぐしてくれたり、こんなに俳優に寄り添ってくださるプロデューサーはいらっしゃらないと思います。人に気を使わせないように、吉永さんが気を使っていたのではと思うところがありました」とフォロー。阿部も「撮影に入る前や後などに5通くらいお手紙をもらいまして」と先輩にも関わらず気配りをする吉永の優しさを紹介し、「現場は本当に温かい空気があって集中させていただきました」と信頼を寄せて撮影に臨んでいたことを明かした。

 同作は人気作家・森沢明夫の小説を基に、のどかな里で小さな喫茶店を営む女店主と、店に集う人々との心温まる交流を描いた人間ドラマ。第38回モントリオール世界映画祭の結果は9月1日(現地時間)の夜に発表される。(中村好伸)

映画『ふしぎな岬の物語』は10月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 16日
  5. 吉永小百合、フランス語スピーチに意欲?