シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マーク・ウォールバーグ、メキシコ湾の原油流出事故を描いた映画で主演か?

マーク・ウォールバーグ、メキシコ湾の原油流出事故を描いた映画で主演か?
最近、売れっ子だぜ。 - Neilson Barnard / Getty Images Entertainment / Getty Images

 映画『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』で注目されたJ・C・チャンダー監督が手掛ける、2010年に起きたメキシコ湾原油流出事故を題材にした新作『ディープウォーター・ホライゾン(原題) / Deepwater Horizon』で、マーク・ウォールバーグが主演交渉に入ったことがDeadlineによって明らかになった。

 本作は、映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のロレンツォ・ディボナヴェンチュラとマーク・ヴァーラディアンが、ライオンズゲイトの傘下にあるサミット・エンターテインメントとパーティシパント・メディアの下で製作する予定の作品。

 2010年にニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事「ディープウォーター・ホライゾンズ・ファイナル・アワー / Deepwater Horizon's Final Hour」を基に、映画『マージン・コール』などを手掛けた社会派のJ・C・チャンダー監督が映画化することになっており、脚本は映画『ワールド・ウォー Z』のマシュー・マイケル・カーナハンが執筆している。

 そしてこのたび、映画『テッド』『2ガンズ』などでおなじみのマーク・ウォールバーグが出演交渉に入り、もし決定すればルイジアナ州ベニス沖の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」に勤める第2マネージャー役を演じるようだ。

 同事故は、2010年4月20日に沖合掘削請負会社トランスオーシャン社が管理するルイジアナ州ベニス沖の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、大きな爆発があり、17人が負傷した事故で、大量の原油がメキシコ湾に流出した。

 マーク・ウォールバーグの出演が決まれば、期待できる社会派作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 22日
  5. マーク・ウォールバーグ、メキシコ湾の原油流出事故を描いた映画で主演か?