シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ずん飯尾「宇宙兄弟」でのおじいさん声に監督が太鼓判!

ずん飯尾「宇宙兄弟」でのおじいさん声に監督が太鼓判!
同世代のスターに奮起した若き日を語った飯尾和樹(左)と渡辺歩監督

 映画『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』で声優初挑戦を果たしたお笑い芸人の飯尾和樹(ずん)が24日、新宿ピカデリーで行われた同作の舞台あいさつに渡辺歩監督とともに来場、同世代のスターに奮起した若き日を振り返った。

 原作者・小山宙哉による書き下ろし脚本となる本作は、宇宙飛行士を目指す南波兄弟の夢の原点を描き出した劇場版アニメ。飯尾が着用したオレンジスーツ(与圧服)のオレンジ色は、危険な状態においても発見されやすいという意味合いがあると聞いた飯尾は、「僕はいつもお笑いで危険な状態にいるので、早くツッコミに発見されるよう大声でボケています」ととぼけたコメントを発しつつも、「これを着たらモテると勘違いしそう」とまんざらでもない様子。

 飯尾が本作で声優を務めたのは、映画オリジナルキャラクターの「海老じいさん」。本作のテレビアニメ版のPR番組に出演した時に、「飯尾さんはいい方だなと感じて、そのときに何かあったらよろしくお願いしますと言ったんです」と述懐する渡辺監督に、飯尾も「よかった。楽屋にごあいさつに行って」と胸をなで下ろす。「監督はいちいち褒め上手なんですよ」という飯尾の指摘通り、「飯尾さんは面白かったですね。これがおじいさんだなと思いました」とニコニコ顔で褒めたたえる渡辺監督。飯尾もつられて「おかげさまでしばらくは光熱費が払えそうです」と笑顔を見せた。

 そんな飯尾が好きなシーンは、自動車会社に勤める六太が、弟の日々人が宇宙服姿でPRしている広告を街で見かけるシーンだという。「日々人のポスターを見つめながら、六太の導火線にどんどん火がついていくところが良かったですね」と切り出した飯尾は、「わたしは野茂英雄さんと同い年なんですが、彼がメジャーリーグに旋風を起こしている頃、わたしはアルバイト先でビルを作りながらバイト先に旋風を起こしていました。飯尾が作る足場は安定してていいなんて言われてね」とコメント。さらに「ヒュー・ジャックマンも同い年なんです。彼らとわたしとはこんなに人生の歩幅が違うのか、俺は何をやっているんだろうと思ったりして。でも同年代だから、どんどん自分のやる気を出していくというか。ましてや六太は兄弟だから、どんどん火がついていったんでしょうね」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 24日
  5. ずん飯尾「宇宙兄弟」でのおじいさん声に監督が太鼓判!