シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「攻殻機動隊」新劇場版、製作決定!2015年公開

「攻殻機動隊」新劇場版、製作決定!2015年公開
『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』のキャスト・スタッフ

 6日、「攻殻機動隊」新劇場版の製作が決まり、2015年に公開されることがわかった。同日都内で行われた「攻殻機動隊ARISE」シリーズの完結編『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』の初日舞台あいさつでは、アニメ制作会社Production I.Gの石川光久社長からの手紙が読み上げられた。

 石川社長の手紙には「士郎正宗による『攻殻機動隊』が誕生してから25年、士郎正宗の世界を押井守監督が表現した『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』からは20年。この歴史は、Production I.Gの挑戦と成長の歴史でもありました。そして、この歴史に続く『攻殻機動隊 新劇場版』に挑戦することをここで発表します。『新劇場版』で“攻殻機動隊”のさらなる進化をみなさんにお見せします!」とあった。舞台あいさつには声優の坂本真綾(草薙素子役)、茅野愛衣(エマ役)、小野賢章(ブリンダJr.役)、スタッフの黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁(シリーズ構成・脚本)、工藤進監督が登壇したが、新作に関する質問はNG。詳細については伏せられたままだ。

 『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』は士郎の人気コミックを原作に、攻殻機動隊の創設と草薙素子の知られざる過去を描く4部作の最終章。戦後復興の兆しが表れ始めた2028年を背景に、電脳感染を引き金とした警備機動隊による無差別発砲事件と、その裏に潜む“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダJr.のゴーストに草薙たちが迫る。

 これまでにも映画やアニメシリーズで展開し、絶大な人気を誇る草薙素子の声を演じたことに、坂本は「わたし自身素子はすごく完璧な女性というイメージがあり、自分がどんなふうに演じるのかイメージするのが難しかったです」と当初のプレッシャーも吐露。それでも「実際動き出してみるとまだ不完全だったころの素子で『なるほどな』と思いました。わたし自身、素子のああなる前の姿を見てみたいという思いもあって、とても演じがいのある役柄に出会えたと思っています」と目を細めた。

 さらに「完璧なものを美しいと思う気持ちはもちろんですけど、生まれたときから美しいよりも、いかにして美しくなったのかという過程を知ったときの方が愛情が増すと思うので、このシリーズを通してさらに素子に愛情が増したと思います」とシリーズ完結に胸いっぱいの表情を見せた。(中村好伸)

『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』は9月6日より2週間限定で上映中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 6日
  5. 「攻殻機動隊」新劇場版、製作決定!2015年公開