シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

フット後藤、子供が欲しい!結婚2年目を報告

フット後藤、子供が欲しい!結婚2年目を報告
奥さんとの生活を暴露したフットボールアワーの後藤輝基

 1日、東京・日枝神社で行われた映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』ヒット祈願イベントで、お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が、結婚してちょうど2年目を迎えたことを報告した。

 相方・岩尾望の「縁結びの日枝神社だし、せっかくの金びょうぶの前だから、やっとけば」という誘いを受け、「去年の8月29日、焼肉の日に結婚して1年。そういえば、こんなんしてなかったな」と薬指のリングをカメラに向けた後藤。「結婚後は毎朝スムージーを作ってくれたけど、3か月くらい経った朝、テーブルの上に300円が置いてあって、これで買って飲めということでしょう。付き合いが長いとそんなもんですわ」と少々諦め顔。「昨日24時間テレビの後、家に帰ったら、メシは用意してありましたけど、枝豆5房。嫁の晩メシの残りです。でも今日、オギャーって生まれてもオッケーなくらい子供は欲しい。子作りもある程度やってます。何でそこまで話さないかんねん!」と自らツッコミを入れて爆笑を誘った。

 イベントで、フットボールアワーの二人は同作の応援隊長に就任。岩尾は「人間に虐げられたサルの気持ちがよくわかります。ぼくも後藤に人体実験に近い形で虐げられてきました」と、コンビでのつらい立場から、本作のファンになった経緯を告白。「いや、仕事でつっこんでるだけですよ。ただお前のようなものが楽屋で美顔ローラーをクルクルやってると、イジたくなるだけ」と後藤。二人はサル派(岩尾)と人間派(後藤)に分かれ、本作のLINEアカウントで人気投票を行い、岩尾は「サル派が勝ったら『フットサルアワー』に改名します」と宣言。すかさず後藤は「規模、ちっちゃくなってるやん」とつっこんでいた。

 本作は、名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)である前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の10年後を描いた続編。ウイルスにより絶滅の危機にひんした人類と、遺伝子の進化で知能や言語を獲得した猿たちが、共存か決戦かの選択を迫られる。(取材/岸田智)

映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は9月19日より全国公開 9月13、14、15日には一部劇場を除いて先行上映を予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 1日
  5. フット後藤、子供が欲しい!結婚2年目を報告