シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダチョウ倶楽部に勧誘するも拒絶!日本を代表するパフォーマーが「無理!」

ダチョウ倶楽部に勧誘するも拒絶!日本を代表するパフォーマーが「無理!」
「いや、無理ですね」とあっさり拒否されたダチョウ倶楽部とCORKY

 6日、東京・お台場デックス広場にて行われた映画『フルスロットル』公開記念イベントにて、お笑いグループ・ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵と、パルクールパフォーマーのCORKYが登場。ダチョウ倶楽部がCORKYに同グループへの加入を促し、さらりと拒否される一幕を見せた。

 パルクールとはフランス発祥の運動方法で、特別な道具を使わず走る、跳ぶ、登るなどの移動動作を行い、人工物や自然の障害物を効率的に移動する方法。この作品でも多くのシーンで取り入れられ、大きな見どころとなっている。日本を代表するパフォーマーであるCORKYの見事な試技に続いて、お約束の「どうぞどうぞ」ギャグにより、ダチョウ倶楽部は上島が代表してその技に挑戦。しかし念入りに床やマットを事前にチェックする振りをしながら、結果的には「すいません、こんなのは無理です」と土下座して謝罪するオチを見せ、会場の笑いを誘った。

 その上で肥後がCORKYに「これからはパルクール芸人として4人、頑張っていこうぜ」とボケてメンバーの一員になるよう勧誘したところ、CORKYから「いや、無理ですね。もっとみなさんパルクールを練習してもらわないと」とあっさりと拒否され、あっけなくパルクール芸人への挑戦は終了した。肥後は「まあパルクールを僕らのネタに取り入れるとすれば、熱湯風呂。パルクールで飛び越えた先に熱湯風呂へポチャン」とお笑いネタの構想を語った。しかし「でも無理。(こんなワザは)3人ともボケることすらできない」と今回の挑戦に対するあきらめの言葉を吐露した。

 本作品は、『ワイルド・スピード』シリーズで人気を博したポール・ウォーカーの遺作となったもの。寺門は「僕は年間100本くらい映画を見るんですが、この映画はアクション映画の中でもピカイチだと思いました。ポール・ウォーカー出演作の中でも、かなり良い部類に入るのではないでしょうか」と絶賛し、作品の素晴らしさをアピールしていた。(取材・文:桂伸也)

映画『フルスロットル』は9月6日より新宿ピカデリーほか全国発売


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 2日
  5. ダチョウ倶楽部に勧誘するも拒絶!日本を代表するパフォーマーが「無理!」