シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真野恵里菜、自虐ネタで笑い誘う

真野恵里菜、自虐ネタで笑い誘う
「どうせネットで書くんでしょ」真野恵里菜

 女優・真野恵里菜が30日、新宿ピカデリーで行われた『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章』初日舞台あいさつに堀本能礼、田尻茂一、しおつかこうへい、押井守総監督と登壇し、夏らしいピンクの浴衣姿でファンを魅了した。

 本作はシリーズ全12話を7章に分けて劇場上映する「機動警察パトレイバー」の実写化プロジェクト。第4章では怪獣が熱海に現れる「エピソード6 大怪獣現わる 後編」と、「エピソード7 タイムドカン」の2話を上映する。

 1年間にわたる長期プロジェクトもいよいよ折り返しで、主人公を演じる真野は「早いなと思いつつも、もっとパトレイバーファンの方が増えればいいなと思います」とあいさつ。

真野恵里菜
愛らしい浴衣姿! 真野恵里菜

 撮影の思い出として、「エピソード7」でニワトリを追いかける姿を共演の福士誠治から「追いかけ方がおばちゃんみたい」と指摘されたことを明かし、「確かにドンくさいなって思いました」と照れくさそうにコメント。ニワトリが怖かったそうで「ちょっとビビりつつやっていたので、そう見えたのかな。それが今日公開されちゃうのが恥ずかしいです」と赤面し、司会者から「そんなことないですよ」と励まされるも「どうせネットで書くんでしょ」と自虐的に返して笑いを誘った。

 また、押井監督の現場について真野は「フリーなお芝居が多かった」と振り返り、セリフが1、2行のシーンでも「カットがかかるまで芝居は続けるので、アドリブは多かったです」と紹介。「エピソード6」では「特撮部分のすごさに感動して、(演技中に)実際の自分の感動が出そうで抑えるのに必死でした」と楽しそうに語っていた。(中村好伸)

『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 30日
  5. 真野恵里菜、自虐ネタで笑い誘う