シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

首なし広告で謝罪…米国人ジャーナリスト殺害映像公開で

 アメリカに伝わる“首なし騎士”の都市伝説を基にした海外ドラマ「スリーピー・ホロウ」の広告キャンペーンが、アメリカ人ジャーナリストとみられる人物の首を切断したとする映像の公表によって取りやめとなり、広告会社が謝罪する事態になったという。Deadline.comなど各メディアが報じた。

 ティム・バートンも映画化したワシントン・アーヴィングの小説を基に、現代を舞台にドラマ化した本作。アメリカではシーズン1のDVDリリースに合わせてプロモーションを開始。広告では首なし騎士の存在が全面に押し出され、公開されたグリーティングカードにもおのを手にした騎士のイラストが描かれているほか、「ハッピーな首なしの日をスリーピー・ホロウから」という文句が書き込まれている。

 そしてキャンペーン開始と同じタイミングで、イスラム過激派組織「イスラム国」がアメリカ人ジャーナリストを殺害したとする映像を公開。この事件を受け、広告代理店は「ふさわしくないタイミングに、『スリーピー・ホロウ首なしの日』をアナウンスしてしまったことを謝罪します」とコメント。事前に「イスラム国」のすることを知っていれば、広告を打ち出すことはなかったとしており、犠牲となった人物と家族に向け「謹んでお悔やみを申し上げます」と声明で語っている。TMZ.comによると、キャンペーンは取りやめになったという。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 3日
  5. 首なし広告で謝罪…米国人ジャーナリスト殺害映像公開で