シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

妻夫木&亀梨が現地入り!『バンクーバーの朝日』がバンクーバー国際映画祭でワールドプレミア

妻夫木&亀梨が現地入り!『バンクーバーの朝日』がバンクーバー国際映画祭でワールドプレミア
妻夫木聡、亀梨和也、石井裕也監督がバンクーバーへ! - 映画『バンクーバーの朝日』より - (c) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

 戦前のカナダ・バンクーバーに実在した日系人野球チーム「バンクーバー朝日」を題材にした映画『バンクーバーの朝日』が第33回バンクーバー国際映画祭(現地時間9月25日~10月10日)のガラプレゼンテーション部門に正式招待され、ワールドプレミア上映されることがわかった。主演の妻夫木聡、亀梨和也、石井裕也監督も現地入りし、レッドカーペットを歩いてワールドプレミア上映に参加する。

 妻夫木は今回の決定に「映画の舞台でもあるバンクーバーでこの作品が世界で一番最初に上映されることに、とても感激しています。むしろ運命的なものを感じています。現地の方々に、朝日軍の持っていた誇りを感じてもらいたいです」と大喜び。石井監督も「朝日軍の姿や当時存在していた日本人街の光景は、きっとバンクーバーの方々の目にも新鮮に映るはずです。当時のカナダ人たちは朝日のプレーに熱中していたそうです。それと同じように映画も楽しんでいただければ幸いです」と現地の人々の反応に胸を膨らませている。

 バンクーバー国際映画祭は、1982年よりカナダの都市バンクーバーで開催されている北米で最大規模の国際映画祭の一つ。東アジア作品の発掘と育成にも力を入れており、最新のアジア映画を紹介する「ドラゴン&タイガー部門」があることも特徴で、同部門を含め、石井監督作がバンクーバー映画祭に出品されるのは今回で5回目となる。

 映画『バンクーバーの朝日』は、差別や貧困の中にあってもフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、日系移民に勇気と誇りを与え、さらには白人社会からも賞賛と圧倒的な人気を勝ち得た伝説の野球チーム「バンクーバー朝日」の姿を描いた壮大なドラマ。妻夫木、亀梨は勝地涼、上地雄輔、池松壮亮らと共に吹き替えなしの野球シーンにも挑んでいる。そのほかの出演は、佐藤浩市、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほりなど。(編集部・市川遥)

映画『バンクーバーの朝日』は12月20日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 妻夫木&亀梨が現地入り!『バンクーバーの朝日』がバンクーバー国際映画祭でワールドプレミア