シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

話題のハリウッド作品は無冠に、記者の反応は? 第71回ベネチア映画祭を振り返る【第71回ベネチア国際映画祭】(1/2)

話題のハリウッド作品は無冠に、記者の反応は? 第71回ベネチア映画祭を振り返る
金獅子賞に輝いた『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題) / A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』のロイ・アンダーソン監督

 ロイ・アンダーソン監督の『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題) / A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』が最高賞の金獅子賞を受賞し、第71回ベネチア国際映画祭が閉幕した。世界最古の歴史を持つ映画祭で上映された20作品を振り返る。

 今年のコンペティション部門は、アルメニア人虐殺の危機から逃れて国を追われた主人公の生きざまを描いたファティ・アキン監督の『ザ・カット(英題) / The Cut』や、イタリアの伝説的アーティスト・パゾリーニの死に迫ったアベル・フェラーラ監督の『パゾリーニ(原題)/ Pasolini』、19世紀の詩人レオパルディの生涯を描いたマリオ・マルトーネ監督の『イル・ジョヴァネ・ファヴォロソ(原題)/ Il GIovane Favoloso』、アルジェリア戦争を背景に二人の男の友情を描いた『ロワン・デ・ゾム(原題)/ Loin Des Hommes』、戦争が生み出す本当の恐怖をすさまじい映像で撮り上げた塚本晋也監督の『野火』など、歴史の裏側にある人間たちのドラマを描いた作品や、貧困から逃れるためにマフィアと関わらざるを得ない若者たちがいるというイタリアの現状を描いた『アニメ・ネーレ(原題) / Anime Nere』、アメリカの経済危機が生み出した不動産問題を辛らつに描いた『ナインティナイン・ホームズ(原題)/ 99Homes』といった現代社会が抱える問題を描いた作品など、社会派の作品が目立った印象だった。

 批評家たちの評価による星取表では、前半戦はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の映画『バードマン(原題)/ Birdman 』と、映画『アクト・オブ・キリング』のジョシュア・オッペンハイマー監督が被害者の立場から前作でテーマにしたインドネシアの虐殺に迫る『ザ・ルック・オブ・サイレンス(原題) / The Look of Silence』の2作品が圧倒的に評価が高かったが、映画祭の後半にアンダーソン監督作品とアンドレイ・コンチャロフスキー監督の『ザ・ポストマンズ・ホワイト・ナイツ(英題) / The Postman's White Nights』が上映されると、下馬評は一気に『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題)』へと傾いた。映画祭の開催地であるベネチアのリド島では連日、プレスルームやバーでアンダーソン監督の詩的な世界、コンチャロフスキー監督のアート性を支持する記者と、オープニングで記者たちに衝撃を与えたアレハンドロ・イニャリトゥ監督や、オッペンハイマー監督を支持する記者たちが熱い議論を戦わせていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 10日
  5. 話題のハリウッド作品は無冠に、記者の反応は? 第71回ベネチア映画祭を振り返る