シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

桜田通、四角関係「難しかった」

桜田通、四角関係「難しかった」
四角関係を演じた桜田通、波瑠、小柳友、竹富聖花

 女優の波瑠が20日、初の単独主演を飾った恋愛映画『がじまる食堂の恋』の初日舞台あいさつに共演の小柳友、竹富聖花、桜田通、肥後克広(ダチョウ倶楽部)、大谷健太郎監督と出席。沖縄県名護市を舞台に、男女4人の四角関係を描いた本作で「がじまる食堂」のオーナーを演じた波瑠は、舞台に上がると「みんなで頑張って作った映画が初日を迎えられてうれしい」と充実感をみなぎらせた。

 一方で、店の常連客を演じた肥後から「今、波瑠さん、こうしてきれいなんですけど、『がじまる食堂』に入ってエプロンをすると、本当に食堂のねぇねぇ(沖縄弁でお姉さんの意)にしか見えなくてびっくりした。さすが女優です」と絶賛されると恥ずかしそうな表情に。

 「もっとも地元の人は『あんなきれいな食堂のお姉さんはいない』と言っていたみたいですが」と続けた肥後はこの日の会場の盛り上げ役。自身の役どころを「『いつか白馬の王子さまが迎えに来てくれる』と信じているような夢見がちな女の子」と紹介した竹富に「ちょっと竹富さんとも似ていますね」と声を掛けて竹富を困惑させたほか、撮影を振り返って「(若い)4人とは壁があった」とこぼすなど、肥後節全開で会場を楽しませた。

 また、本格的な恋愛映画初出演となった桜田は「普通の純愛で、自分の前の人と向かい合うだけならまだ想像できるんですけど、四角関係。難しかった」とぽつり。波瑠演じる元カノを追いかける役どころだが、「ズルズルした男に映っちゃうのが悲しくて、僕の中だけではちゃんと翔太のことを肯定して演じていこうと思った」と役づくりについて明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『がじまる食堂の恋』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 20日
  5. 桜田通、四角関係「難しかった」