シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

NHK、1年がかりでディズニーと交渉!制作の裏側に世界で初めてカメラが密着!

NHK、1年がかりでディズニーと交渉!制作の裏側に世界で初めてカメラが密着!
ディズニーアニメの制作の裏側に密着した番組「魔法の映画はこうして生まれる~ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション~」でナレーションを担当した有村架純

 女優の有村架純が9日、渋谷のNHK放送センターで行われた「魔法の映画はこうして生まれる~ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション~」完成試写会に登場し、ナレーションを担当した同番組について振り返った。

 数々の名作を生み出してきたディズニー・アニメーション・スタジオ。本番組では、これまで秘密のベールに包まれてきた制作現場に世界で初めてテレビカメラが密着。ディズニー最新作『ベイマックス』の作品作りを追いながら、極秘のストーリー会議や、映像作りにおけるこだわりが明かされる。

 本番組のエグゼクティブプロデューサーを担当している有吉伸人氏は「ディズニー・アニメーションがどう生み出されるのかに興味があって、2年前から交渉をし、1年がかりでオッケーをいただきました」と解説。

 本番組の撮影は4月から5月にかけて、ディレクターが小さなカメラを回した。「日本のドキュメンタリーはずっと密着して撮らせてもらうというスタイルですが、アメリカはそうではなく、基本はインタビュー。ですから、われわれは映画が生まれる瞬間を記録したいんだということをかなり何度も説明しました。(映し出された映像は)正直、ディズニーの方が驚かれるくらいのもの。そういう意味では世界的なスクープだったと言っていいと思います」と自負する有吉氏。

 本番組のナレーションを担当するのは女優の有村架純。彼女が声優を担当した『思い出のマーニー』で見せた「凜(りん)とした存在感」が買われて、今回の抜てきとなった。有村も「世界で初めての密着取材ということで、貴重な瞬間に立ち会わせていただけてとてもうれしいです。わたしは以前、ジブリさんで声優をやらせていただいたときに、その制作の過程を見させていただいたことがありましたが、今度はディズニーさんということで。こんなにすてきなことがあるのかと思いました」と笑顔を見せた。また今回、初めてジョン・ラセターのことを知ったという有村は、「挫折をしても芯の強さがあって、求めることをやめない姿勢はすてきだなと思いました」と感銘を受けた様子だった。(取材・文:壬生智裕)

「魔法の映画はこうして生まれる~ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション~」は11月24日午後7時半より総合テレビにて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 10日
  5. NHK、1年がかりでディズニーと交渉!制作の裏側に世界で初めてカメラが密着!