シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

エドワード・ノートン、1Dに絶叫マシンで取材する仕事をオファーされていた!

エドワード・ノートン、1Dに絶叫マシンで取材する仕事をオファーされていた!
エドワード・ノートンにムチャぶり!? - Desiree Navarro / WireImage / Getty Images

 映画『インクレディブル・ハルク』や『グランド・ブダペスト・ホテル』のエドワード・ノートンが、ワン・ダイレクションにローラーコースターに乗ってインタビューする話をオファーされたと、出演したコナン・オブライエンのトーク番組「コナン(原題) / Conan」の中で明かした。

 ノートンはバンドのメンバーたちから、これまでで最も難易度の高いインタビューをしてくれないかと持ち掛けられたという。ノートンは、「最初僕は、知的に難解な質問を投げ掛けることを求められているのかと思った。でも彼らは、オーランドにあるローラーコースターに乗りながら、史上最高に難易度の高い取材を行ってほしいと言ってきたんだ」と明かした。

 ノートンの出した答えは、ノー。「僕の支援する慈善活動に500万ドル寄付してくれると言われたとしても、答えは同じだったと思う」とのことだ。

 ノートンは、各映画祭で絶賛され、オスカー有力候補作との呼び声も高い、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が、世界で順次公開中。日本では2015年公開予定。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 16日
  5. エドワード・ノートン、1Dに絶叫マシンで取材する仕事をオファーされていた!