シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『アナ雪』少女時代のエルサ役、ギャラは約10万円

『アナ雪』少女時代のエルサ役、ギャラは約10万円
映画『アナと雪の女王』 - Kevin Winter / Getty Images

 世界興行収入12億7,421万9,009ドル(約1,274億2,190万900円)を記録したディズニーの大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』で少女時代のエルサの声を担当した女優のギャラは、926ドル20セント(約9万2,620円)だったとTMZ.comが伝えた。(1ドル100円計算)

 『アナと雪の女王』は、王家の姉妹、エルサとアナというディズニー映画史上初となるWヒロインを擁した作品。15歳のスペンサー・レイシー・ゲイナスが担当したのはティーンエイジャー時代のエルサの声で、触れたものを凍らせる力が次第に強くなり、両親に不安を訴えるシーンなどで彼女の声を聞くことができる。

 契約書から判明した926ドル20セントというスペンサーのギャラは、この仕事での1日あたりの最低賃金とのこと。TMZ.comは、もっと幼いころのエルサは別の女優が、さらに成長したエルサはイディナ・メンゼルが演じているためスペンサーのセリフは少ないといえども、歴代世界興収ランキング第5位の映画のギャラとしては少なすぎる、彼女はもっと腕のいいエージェントを雇った方がいいと報じている。

 これには「俳優たちが契約によって言いくるめられているいい例だ」「エージェントを変えなよ」とギャラが少なすぎると感じている人々がいる一方、「同情の余地なし。1日で約1,000ドル(約10万円)も手に入れたんだから」「何が問題なの? そういう契約だったんでしょ」という意見も多い。(朝倉健人)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 13日
  5. 『アナ雪』少女時代のエルサ役、ギャラは約10万円