シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バイセクシャルのエヴァン・レイチェル・ウッド、同性の恋人と破局

バイセクシャルのエヴァン・レイチェル・ウッド、同性の恋人と破局
エヴァン・レイチェル・ウッド - Stephen Lovekin / Getty Images

 2011年にバイセクシャルであることをカミングアウトした女優のエヴァン・レイチェル・ウッドが、交際していたキャサリン・メーニッヒと別れたとUs Weeklyが報じた。

 キャサリンはグウィネス・パルトローのいとこで、テレビドラマ「Lの世界」のシェーン役で知られる女優。エヴァンは以前からキャサリンにほれ込んでいたらしく、最近になって憧れが恋愛に発展したと報じられていた。

 二人はハマー・ミュージアムのイベントにカップルとして出席するなど、交際を公にしていたが、突然別れが訪れたようだ。エヴァンは11月9日に、「胸が痛む」とツイートした後、「過去は胸を痛めるものだけど、逃げるか、過去から学ぶかを選ぶことはできる」という内容の『ライオン・キング』のセリフをリツイートするなど、つらい状況にあることをにおわせていた。

 エヴァンには今年5月に別れた夫ジェイミー・ベルとの間に1歳4か月の息子がいる。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 25日
  5. バイセクシャルのエヴァン・レイチェル・ウッド、同性の恋人と破局