シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドラマ「ファーストクラス」の視聴率上がらず、淵上泰史、悲鳴!

ドラマ「ファーストクラス」の視聴率上がらず、淵上泰史、悲鳴!
「演じる役者としてはすごく面白い」と三枚目役にも意欲を見せた淵上泰史

 俳優の淵上泰史が23日、テアトル新宿で行われた映画『花宵道中』男だらけのぶっちゃけトークイベントに出席し、現在淵上も出演している沢尻エリカ主演のフジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」が回を重ねるも視聴率がなかなか上がっていかないことをぶっちゃけた。

 現在「ファーストクラス」で夏木マリ演じる矢野竜子の息子・矢野隆太郎役を演じる淵上。イベント終了間際に「映画とは別(の話題)なんですが」とドラマについて切り出すと、「『ファーストクラス』なかなか視聴率が上がっていきません」と突然の嘆き節。

 淵上は続けて「見ていただくと、面白いことになっています。僕も初めてというくらいの芝居で、メーター振り切って『バカ息子を装うピエロ』というキャッチフレーズのついた役をやっていて、結構面白いです。夏木マリさん、余貴美子さんという、僕から見たら怪物みたいな女優さんとも向き合って芝居をしています」と切実な表情でドラマをPRし、「水曜夜10時。ひとつよろしくお願いします」と客席へ懇願。

豊島圭介監督、佐藤現、淵上泰史
最近、大活躍中の淵上を絶賛した佐藤現プロデューサー(右)と豊島圭監督(左)

 この日は映画『花宵道中』のPRイベントとあって、壇上には同映画の豊島圭介監督と佐藤現プロデューサーも出席していたが、佐藤は「(NGを出す俳優もいる中で)濡れ場にも果敢に挑戦する役者魂のある貴重な存在」と最近「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」などで大活躍中の淵上を絶賛。

 「ファーストクラス」2話で倉科カナを相手に淵上がM男っぷりを発揮するラブホテルのシーンも話題となり、淵上は照れ笑いを浮かべながら、「絡みはないんですけど、脱がされてブーメランパンツ一丁で、四つんばいになって」とシーンを述懐。「最近は三枚目の役が多い」と零しつつ、「演じる役者としてはすごく面白い」と三枚目役にも意欲を見せていた。
(取材・文:名鹿祥史)

映画『花宵道中』はテアトル新宿ほか公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 23日
  5. ドラマ「ファーストクラス」の視聴率上がらず、淵上泰史、悲鳴!