シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第5回-杉良太郎の呼び掛けで始まった少年院映像表現コンクールの取り組み 映画製作を通じて更生へと導く【映画で何ができるのか】(1/3)

第5回-杉良太郎の呼び掛けで始まった少年院映像表現コンクールの取り組み 映画製作を通じて更生へと導く
昨年のアジア国際子ども映画祭の授賞式の模様。歌手の杉良太郎(写真中央)が名誉会長・審査員を務めている。

法務省から特別矯正監を任命された杉良太郎の呼びかけ

 11月29日(土)、兵庫県・南あわじ市文化体育館で第8回アジア国際子ども映画祭(主催:アジア国際子ども映画祭実行委員会)が開催される。審査対象は、日本とアジア15か国の小・中・高校生、そして少年院から選ばれた作品たち。法務省矯正局では自主・自立、共同の精神を養う目的でさまざまな特別活動を行なっているが、その一環として映像表現を取り入れている。実際にどんな効果があるのか。関係者に話を聞いた。【取材・文:中山治美】

 現在、少年院は全国に52庁ある。更生のための規律正しい生活の中には、生活指導や職業補導、教科教育、保健・体育の時間が設けられている。そしてもう一つが、ボランティアや芸術に取り組む特別活動だ。刑務所での取り組みの例として韓国映画『ハーモニー 心をつなぐ歌』(2010)では合唱団、伊映画『塀の中のジュリアス・シーザー』(2012)では演劇に挑む姿が取り上げられていたが、日本の少年院でも宮城・青葉女子学園のように創作オペレッタに挑み保護者や施設協力者を招いての公演会を行なっているところもある。

 矯正局によると、映像表現を取り入れたのは2007年から。アジア国際子ども映画祭名誉会長であり、法務省から民間人初となる特別矯正監を任命された歌手俳優の杉良太郎の呼びかけがきっかけだ。10年からは、52庁全てで3分間の短編映画製作を行ない、それを審査する少年院映像表現コンクールも実施。本年度は優秀作3本がアジア国際子ども映画祭へ出品されている。活動の目的を杉が語る。

「子供たちが作った映画には、彼らの心が映し出されています。大人が干渉せず、テーマに沿って子供たちの感覚で自由に撮らせていますが、彼らがどこにカメラを向け、どのように表現するか。そこに普段の考え方や物の捉え方が顕著に表れてます。

 また映画を作るには、その過程で自分が何を訴え、どのようにしたら想いを相手に伝えることができるかなど、あらゆることを模索し、考える作業が必要不可欠です。その方法を一生懸命考える……その経験が子どもたちを成長させると思います」。

特別活動
特別活動の一環

撮影場所は院内限定

 各年、映画祭側が設定したテーマがある。2011年は「学ぶこと(まなび)・教育」、2012年は「あなたにとっての命」、2013年は「いじめ」、そして今年は「わたしの夢」。公的機関が携わっているため、お堅い印象は否めない。それでもネット上にアップされている少年院映像表現コンクールの入賞作品を観賞すると、表現力の豊かさに驚かされるだろう。なにせ撮影場所は院内限定、個人が特定出来るような顔出しはNGと条件が限られている。ゆえに彼らは、時に紙粘土やイラストを用いたり、バックショットや手足だけで表現したり、さらに大胆にも、顔に手ぬぐいを覆って出演するなど創意工夫を凝らす。プロの映画人も、大いに刺激を受けるに違いない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 28日
  5. 第5回-杉良太郎の呼び掛けで始まった少年院映像表現コンクールの取り組み 映画製作を通じて更生へと導く