シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ダイバージェント』アンセル・エルゴート、自身のゲイ説を否定

『ダイバージェント』アンセル・エルゴート、自身のゲイ説を否定
ゲイとのうわさを否定したアンセル・エルゴート

 映画『ダイバージェント』『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴートが、ゲイとのうわさを否定した。

 彼は今年5月に、『きっと、星のせいじゃない。』の宣伝用ポスターと同じポーズを共演者のナット・ウルフと再現し、以前からゲイではないかとのうわさに拍車をかけていた。

 アンセルはツイッターで、「念のためはっきりさせておくと……僕は女の子が好きだ。とっても」とコメント。その後も、「僕がゲイなら隠さないということも言っておきたい。ゲイかストレートかは、いいとか悪いとかじゃない。普通のことだ。それが自分なんだから、正直であればいい」とつぶやいている。

 ピアニストのヴァン・クライバーンを描いた新作映画でアンセルは、ゲイだったヴァンを演じることになっている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 『ダイバージェント』アンセル・エルゴート、自身のゲイ説を否定