シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

杉咲花、RADWIMPS野田の相手役に抜てき

杉咲花、RADWIMPS野田の相手役に抜てき
RADWIMPS野田の相手役に抜てきされた杉咲花

 味の素「Cook Do」のCMで回鍋肉を頬張る姿が印象的な若手注目女優・杉咲花(17)が、人気ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が俳優初挑戦にして初主演を務める映画『トイレのピエタ』(6月6日公開)で、ヒロイン・真衣を演じることがわかった。主人公・宏役の野田について杉咲は、「洋次郎さんがずっと宏でいてくれたから、私も真衣でいられました。その感謝を宏に100%で恩返ししたいと思っていました」と厚い信頼を寄せた。

 本作は、性同一性障害の現代アーティストを追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で国内外から高く評価された松永大司監督が、手塚治虫が死ぬ直前までつづっていた病床日記にインスパイアされ、完全オリジナルストーリーで脚本化、長編劇映画初監督を務めた作品。余命3か月を告げられ、ただやり過ごすだけだったはずの夏が、人生最期の夏に変わってしまった主人公・宏(野田)が、純粋な女子高生・真衣(杉咲)と出会い、翻弄(ほんろう)されながらも次第に惹(ひ)かれていくさまを描く。

 オーディションでヒロイン役を勝ち取ったという杉咲は、「何度もオーディションに行く中で、監督と脚本に興味を持っていきました。絶対に出演したかったです」と本作への熱い思いを明かし、「クランクインする前、リハーサルの時から、洋次郎さんは宏でした。その反対に真衣をつかめなかった私はすごく焦ったのを覚えています」と野田との共演を振り返った。

 杉咲の起用について甘木モリオ・小川真司プロデューサーは、「オーディションといっても一般公募ではなく、その時々で気になる10代の女優たちに会い、演技を見せてもらった上で決めた」といい、「決め手は野田さんとの即興芝居だった。その場にいた野田さんにいきなり即興芝居の相手をお願いしたところ、野田さんの潜在能力が杉咲さんの芝居によって覚醒する瞬間を目撃できた。もちろん杉咲さん自身の天性の演技力にも惹かれた」と明かしている。

 またこのたび、宏の入院仲間で女好きな横田役を、脚本にほれ込み出演を快諾したというリリー・フランキー、宏の元恋人・尾崎役をファッション誌「sweet」「BAILA」などで活躍する人気モデルの市川紗椰が務めることも発表。そのほか、タレントのMEGUMI、ドラマ「時効警察」などの岩松了ら個性派キャストが脇を固める。(編集部・中山雄一朗)

映画『トイレのピエタ』は6月6日より新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 2日
  5. 杉咲花、RADWIMPS野田の相手役に抜てき