シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

今井雅之、余命3日の闘病振り返る「大腸が腐って破裂寸前だった」

今井雅之、余命3日の闘病振り返る「大腸が腐って破裂寸前だった」
「医者も俺が今生きているのが信じられないみたい」と語った今井雅之

 俳優の今井雅之が23日、ライフワークともいえる舞台「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド Japan Tour 2015」の製作発表会見を都内で行った。今井は昨年腸の緊急手術をし、医師から「余命3日」と宣告を受けたことも話題になった。20キロやせたという今井は「大腸が腐って破裂寸前だった。医者は俺には『5月の舞台は大丈夫です』って言っていたけど、家族には『あと数日。もってもクリスマス』って言っていたんです。医者も俺が今生きているのが信じられないみたい」と振り返っていた。

 1988年の初演から、今年で27周年を迎える本舞台。売れない漫才コンビのアニキ(今井)とキンタ(井戸田潤)が、交通事故に遭ったショックで、現代から太平洋戦争末期の1945年にタイムスリップし、神風特攻隊員として零戦に乗り込むことになる。コメディー要素も交えつつ、時代に翻弄(ほんろう)される若者たちの姿を描き感動を呼んできた。

 この日は、井戸田のほか、歴代のキンタ役を務めてきた陣内智則、なだぎ武も応援に駆け付けた。体力や病気もあって、今井が「アニキ」役で主演するのは、今ツアーが最後になるという。陣内が「“最後最後サギ”で、また出てくるんでしょ?」と言うと、今井は「次はキンタ役で出ようかな」と返して爆笑に。そして、「かつての特攻隊の若者は『明日』と言われて出撃した。これは死ぬ話じゃなくて、一日一日を精いっぱい生きる話。27年間この舞台をやって、世界に紛争がない年は一度もなかった。戦後70年の年にぜひ観てほしい」と今井は力を込めた。

 また、週刊誌で五反田ホテルデートが報じられたばかりの井戸田は、今井から「いいときに五反田の方に行ってくれた。“五反田”とは付き合ってんの?」と問い詰められ、「いや、それはまあ」と言葉をにごしつつ「5月の舞台で発表します」と苦笑い。

 陣内が「“五反田・オブ・ゴッド”(のホテル)はいくら?」と突っ込むと、井戸田も「8,500円。何でそこまで言う? もう五反田は行きません」と笑いを誘っていた。会見にはハリウッドでキャスティングディレクターとして活躍し、本舞台の演出を担当する奈良橋陽子も出席した。(取材・岸田智)

舞台「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド Japan Tour 2015」は5月1日より上演予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 今井雅之、余命3日の闘病振り返る「大腸が腐って破裂寸前だった」