シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“発起人”山田孝之、主演の連ドラ決定

“発起人”山田孝之、主演の連ドラ決定
冷やし中華を始めるくらいの感じで企画をスタートさせたという「REPLAY&DESTROY」、主演の山田孝之 - (C) R&D運命共同体2015

 俳優の山田孝之と、映画化もされた「荒川アンダー ザ ブリッジ」の飯塚健監督が発起人となって制作を始めた「REPLAY&DESTROY」が、4月からTBS・MBSの深夜で連続ドラマ化されることが決まった。山田と飯塚監督がスタッフやキャストを次々と巻き込み、テレビ局に提案して放送にこぎ着けた意欲作だ。

 「REPLAY&DESTROY」は、2011年に「au LISMO Channel」で携帯だけで視聴できるドラマとして、当時注目されながらもソフト化されていなかった話題作。男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す日本一偉そうなフリーター・横山要(山田)とその仲間たちが積極的に人と関わり世直しをする物語が、オリジナルの連続テレビドラマとして復活することになった。

 経緯について、脚本も手掛けた飯塚監督は「(山田と二人で)冷やし中華を始めるくらいの感じで、企画から始めてみました。『最近、辟易(へきえき)しない?』『超しますね』『だったらそうじゃないの、作りたいね』『だったらアイツですね』確かそんなノリだったように思います。それから密会を重ね、密談を繰り返し、信じられる大人が仲間となってくださって、横山要の復活にチカラを貸してくれました」と説明。

 主演の山田は「世界のどこへ行ったって、訪れる出来事や会話を交わす人々は半径5m以内にある。つまりこの『半径5mの哲学』とは、狭いようで地球そのものがスッポリ入ってしまうほどの重要な領域だ。横山要がいる場所は、常に彼のチープな哲学に支配されてしまいカオスと化す。しかし、その場所はなぜだかとても心地良い。そんな心地良い場を作るために冗談のわかる『前進できる大人たち』が集まった。ヤバくなったらみんなで逃げる!」とユーモアたっぷりに意気込んでいる。

 共演者も前作のメンバーがそろい、主人公のルームメイトで薬学科大学院生役の林遣都のほか、阿部進之介、小林涼子が出演。中村倫也が横山の同級生で区役所職員役として加わり、各話には豪華ゲストも登場する。1話完結型だが、全話を通して全てがつながる仕掛けと伏線が用意されているという。(編集部・小松芙未)

連続ドラマ「REPLAY&DESTROY」はMBSにて4月26日深夜、TBSにて4月28日深夜スタート(全8回)(auスマートパス、auビデオパスでも独占配信予定)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 20日
  5. “発起人”山田孝之、主演の連ドラ決定