シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

“白ブリ”一丁になったオスカー司会者、あの疑惑を否定!【第87回アカデミー賞】

“白ブリ”一丁になったオスカー司会者、あの疑惑を否定!
何も入れてません! - Kevin Winter / Getty Images

 先日行われた第87回アカデミー賞授賞式に、白ブリーフ一丁になって登場したことが話題になった司会のニール・パトリック・ハリスが、トーク番組「LIVE with Kelly and Michael」に出演し、あの疑惑を否定した。

 授賞式でニールは、CM明けにプレゼンターを紹介するはずが、楽屋のドアにバスローブが挟まったまま鍵が閉まってしまい、困惑した表情を見せながらもローブを脱ぎ捨て、パンツ一丁のままステージに登場。これは、本年度作品賞など最多タイの4部門に輝いた映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のパロディーで、客席に座っていたスターたちも大笑いだった。

 しかし、そのあまりにも“立派”なブリーフ姿に、何か詰め物を入れているのではないかという疑惑が浮上。そのことについて聞かれたニールは「何も入れてないよ!」と笑いながら否定し、「ただ、リハーサルをしてみたら照明でアレが透けて見えちゃったんだ。それで見えないようにするために、もう1枚のパンツを重ねて縫い付けてもらったんだ。でも、靴下は入れてないよ!」と裏話を告白。観客からは大きな歓声が上がっていた。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 26日
  5. “白ブリ”一丁になったオスカー司会者、あの疑惑を否定!