シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新作アニメ『ポパイ』の監督降板

新作アニメ『ポパイ』の監督降板
降板したゲンディ・タルタコフスキー監督 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが手掛ける新作アニメーション映画『ポパイ(原題) / Popeye』で監督予定だったゲンディ・タルタコフスキーが降板したことがMoviefoneによって明らかになった。

 タルタコフスキー監督は「(準備段階で)われわれがしていたことに僕自身も気に入っていたが、スタジオ内でいくつかの変化があったことで、彼らが製作したい『ポパイ』が、僕が製作したいものなのか、わからなくなった」と同サイトのインタビューで理由を明かした。

 昨年末ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、ハッカー集団によってサイバー攻撃を受け、同社共同会長を務めていたエイミー・パスカルのメールが世間にさらされ、バラク・オバマ大統領や数多くの著名人に対する批判的なやりとりがあったことが明らかになり、この騒動を受けて彼女はその地位を退いた。人事による大きな変化がもたらした影響が、製作への食い違いを招いたようだ。

 同社は新たな監督を探し、2016年の公開を予定している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 18日
  5. 新作アニメ『ポパイ』の監督降板