シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

A.B.C-Z戸塚祥太のシャイな一面にファン歓喜!「女性といると恥ずかしい」

A.B.C-Z戸塚祥太のシャイな一面にファン歓喜!「女性といると恥ずかしい」
桐谷美玲、田辺誠一、大塚寧々、鈴木舞監督

 A.B.C-Zの戸塚祥太が25日、都内で行われた映画『恋する・ヴァンパイア』(・はハートマーク)完成披露舞台あいさつに、桐谷美玲、田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめ、柄本明、鈴木舞監督と共に出席した。ジャニーズ事務所に所属する戸塚は、「男社会で男と一緒にいることが多いので、女性の方と一緒にいることがすごく恥ずかしいというか、照れましたね。す~ぐ緊張するんですよ」と声を上ずらせながら告白し、会場を沸かせた。

 本作は、世界一のパン職人になる夢を持つ、一見普通の女の子だが、実はヴァンパイアというキイラ(桐谷)と、人間の男の子・哲(戸塚)との許されない恋の行方を描いたキュートでちょっぴり切ないラブストーリー。

 映画初出演を果たした戸塚は、「念願だった映画初出演、特別な思い入れも結構入っています。間違いなく胸キュンしてもらえると思います」と緊張のせいかかみながらも笑顔であいさつ。もともと映画が大好きだという戸塚は、撮影中も現場にいることが「不思議でしょうがなかった」と語るが、「大先輩の方々と共演させていただいて、いい緊張感の中やらせてもらいました」とすがすがしい表情を見せた。

 そんな戸塚は女性と一緒にいると照れるそうで、初日に行われた「ラブシーン的な大事なシーン」について、人見知りの桐谷と共に「微妙な距離感の中、探り探り頑張りました」と声をそろえて振り返る場面も。また、劇中のミュージカルシーンでは、「A.B.C-Zというアクロバットが得意なグループにいるので、バック転したらどうかなと思って、入れさせてもらいました」と自ら演出を加えたことも明かした。すると、会場からは「やって!」とムチャブリの声があがり、戸塚はためらうことなく、スーツ姿で軽々とバック転を披露。640人の観客が詰めかけた会場を黄色い歓声で埋め尽くした。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『恋する・ヴァンパイア』は4月17日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 25日
  5. A.B.C-Z戸塚祥太のシャイな一面にファン歓喜!「女性といると恥ずかしい」