シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブラッドリー・クーパー、『スタア誕生』リメイクを監督か

ブラッドリー・クーパー、『スタア誕生』リメイクを監督か
ブラッドリー・クーパー、念願の初監督なるか - Gary Gershoff / WireImage / Getty Images

 映画『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーが、米ワーナー・ブラザースが製作する『スタア誕生』のリメイク版でメガホンを取るかもしれないとDeadlineが報じた。

 『スタア誕生』は、ハリウッドで活躍する映画スターの悲恋を描いた名作。映画スターに憧れるエスターは、ハリウッドで大スターのノーマンに出会い、結婚。エスターがスターの階段をのぼっていく一方で、ノーマンの人気は下降していってしまうというストーリーだ。

 オリジナル版は1932年のジョージ・キューカー監督による『栄光のハリウッド』といわれ、これにインスパイアされた『スタア誕生』(ウィリアム・A・ウェルマン監督)が1937年に登場した。1954年にはワーナー製作でジュディ・ガーランド主演のリメイク版(キューカー監督)が公開され、さらに1976年にもフランク・ピアソン監督、バーブラ・ストライサンド主演のリメイク版『スター誕生』が作られた。

 当初、新リメイク版の監督には、クリント・イーストウッドが決まりかけており、ビヨンセに出演交渉もしていた。また、クーパー自身も主演男優の話を持ち掛けられていたという。

 しかしイーストウッドは、『ジャージー・ボーイズ』を製作するため降板。ワーナーは現在、クーパーに監督のポジションをオファーしているとのこと。クーパーは、ロバート・デ・ニーロと共演することになっている『ハネムーン・ウィズ・ハリー(原題) / Honeymoon with Harry』でも、監督デビューを果たすことを望んでいたが、『スタア誕生』リメイクの監督に決まれば、こちらが初監督作となりそうだ。

 ビヨンセへの再オファーは、まだ正式にはなされていない。ニコラス・スパークス原作の映画『一枚のめぐり逢い』の脚本家ウィル・フェッターズが、本作の最新稿を手掛けている。

 クーパーは、主演舞台「エレファントマン」のブロードウェイ公演を終えたところ。同舞台は5月からロンドンでも上演予定だ。また、キャメロン・クロウ監督、エマ・ストーンと共演の『アロハ(原題) / Aloha』が今年5月より全米公開予定。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 28日
  5. ブラッドリー・クーパー、『スタア誕生』リメイクを監督か