シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

諸事情で発売中止!? 約40年を経てDVD化された英国のフェイクドキュメンタリー「第3の選択」

諸事情で発売中止!? 約40年を経てDVD化された英国のフェイクドキュメンタリー「第3の選択」
「第3の選択」の真偽について語り合った鶴田法男監督、木嶋のりこ、夏原武

 フェイクドキュメンタリーの先駆にして、Jホラーに多大な影響を与えたとして名高い幻の作品「第3の選択/米ソ宇宙開発の陰謀~火星移住計画の謎」のDVD発売記念イベントが1日、渋谷のLast Waltz by shiosaiで開催され、鶴田法男監督、女優の木嶋のりこ、「別冊映画秘宝」編集長の田野辺尚人、作家の夏原武が出席し、その真偽について徹底討論を行った。

 英国のテレビ局アングリアTVが1977年4月1日、エープリルフール用に放送した本作が映し出すのは、科学者失踪事件を追うテレビ取材班が、冷戦状態にあったアメリカとソ連による「人類の火星移住計画」の存在を突き止めるさま。米ソの陰謀を暴いたともいわれる本作からの影響を公言する一人である鶴田監督は、一部私財を投入してDVD化に奔走し、放送から約40年を経て今回の発売にこぎつけた。

 「正直、販売までには苦労した。でもいざ発売してみたら予想以上に反響が大きかった。しかし諸事情があって、早々と発売中止となってしまう可能性もある」という鶴田監督の言葉を皮切りに、DVD販売会社の窓ガラスが何者かによって割られた事件など、本作を発売中止に追い込む数々の陰謀が存在すると語る参加者たち。それがエープリルフールのジョークなのか、それとも政府筋などが関与した本当の陰謀なのかは不明だが、観客はその真偽を探りながら熱心に彼らの話に耳を傾けていた。

 さらに当時の新聞のラテ欄のコピーを持参した鶴田監督。1978年4月の深夜にフジテレビ系で放送された際には「ニュースショーの形で紹介されたSFドラマ」の名目で紹介されていた同作も、2度目の放送となる1982年1月に、UFOディレクター、矢追純一が手掛ける「木曜スペシャル」枠で再び放送された際には、「英BBCが制作した科学ドキュメンタリー」と書き換えられていたことを指摘。しかもタイトルには本編には登場しないはずの「UFO」の文字がなぜか付け加えられていたという。

 時代が大らかだったということもあるのかもしれないが、学生時代に新聞のラテ欄校正のアルバイトをしていたという田野辺は「インターネットがなかった時代だから気付かれなかったのもしれませんが、当時でも綱渡りなことをやっていたと思いますよ」と明かす。そんな矢追イズムに鶴田監督は「あらためて矢追さんってすごい」と感心していた。(取材・文:壬生智裕)

「第3の選択/米ソ宇宙開発の陰謀~火星移住計画の謎」DVDは発売中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 2日
  5. 諸事情で発売中止!? 約40年を経てDVD化された英国のフェイクドキュメンタリー「第3の選択」