シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

有村架純の「はいていない」発言に安田顕ら男性陣が色めき立つ

有村架純の「はいていない」発言に安田顕ら男性陣が色めき立つ
金髪ギャルという新境地に挑んだ有村架純

 女優の有村架純が6日、都内で行われた映画『ビリギャル』完成披露舞台あいさつに、伊藤淳史、吉田羊、田中哲司、野村周平、安田顕、松井愛莉、土井裕泰監督と共に出席した。イベント中、用意されたギャル姿の自身の等身大パネルを見た有村は「これは、はいていません」と大胆発言。色めき立つ男性陣は思わずパネルにすり寄るも、有村いわく「布を巻いている感じ。(スカートを)はいている感覚がない」ということだそうで、安田は「(下着をはいていないのかと思い)今パネルをのぞこうかと思った」と会場を沸かせた。

 本作は奇跡の実話として話題を集めたベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を実写映画化した汗と涙と笑いの詰まった青春ストーリー。成績学年最下位の女子高生・さやか(有村)が、塾講師・坪田(伊藤)との出会いをきっかけに慶應大学現役合格を目指す姿を描く。

全体
有村架純の大胆発言に色めき立つ男性陣

 原作を知っていたという有村は、「まさか自分がやるとは思わなかった」と話し、「最初、金髪ギャルはガサツで男っぽい感じかと思ったけれど、すごく魅力的な女の子で演じたい! とすごく思った」と述懐。しかし、これまでの清純なイメージを覆すような金髪、ヘソ出し、超ミニスカだけでなく、使ったことがないギャル語には「なかなか慣れなかった」と苦労を吐露した。

 また、伊藤との初共演シーンの撮影を振り返った有村は「全く壁を感じなかった。居心地が良かった」とにっこり。母親役の吉田は、「家族ならではの温度感というか遠慮のなさを芝居に出すために、遠慮させないために遠慮しないこと」を心掛け、有村にどんどん話しかけ、携帯ものぞき見するなどして距離を縮めたことを告白。そのおかげで有村にとって吉田は「一緒にいて落ち着く」存在になったと打ち明けた。

 新境地に挑んだ有村に対して土井監督が、「架純ちゃんが頑張っている姿が、さやかが頑張っている姿に見えたし、架純ちゃんが頑張っているから、スタッフみんな頑張ろうと自然になれた」と称賛を送ると、有村は「わたしもさやかみたいに人の心を動かしたいと感じたので、ちょっとでも心を動かせたなら良かったなと思います」と喜んだ。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『ビリギャル』は5月1日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 有村架純の「はいていない」発言に安田顕ら男性陣が色めき立つ