シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

連載第6回 『アラバマ物語』(1962年)【名画プレイバック】(1/3)

連載第6回 『アラバマ物語』(1962年)
『アラバマ物語』アティカス・フィンチ(グレゴリー・ペック) - Universal / Photofes / ゲッティ イメージズ

 アメリカ映画には、星の数ほどヒーローがいる。近年はアメコミのヒーローが人気を博しているが、インディアナ・ジョーンズからロッキーまで枚挙に暇がない。だが、アメリカ映画協会(AFI)が2003年に選んだ映画ベスト「アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100」で、ヒーロー部門の第1位を獲得したのは、『アラバマ物語』の主人公で”アメリカの良心を体現した”と評されている弁護士、アティカス・フィンチだった。(今祥枝)

 1930年代アメリカ、人種差別や偏見が根強く残る南部アラバマ州。架空の田舎町メイカムで暮らす、妻と死別した弁護士アティカス(グレゴリー・ペック)と幼い娘スカウト(メアリー・バダム)、兄ジェム(フィリップ・アルフォード)のフィンチ一家。兄妹は毎日無邪気に元気に遊びまわり、アティカスは貧しい人々にも公平に接する人柄に人徳も篤(あつ)い人格者だった。そんなある日、地元の判事から白人女性メイエラ・ユーエル(コリン・ウィルコックス・パクストン)に対する婦女暴行事件の弁護を依頼される。容疑者トム・ロビンソン(ブロック・ピータース)が黒人だったことから、フィンチ一家は周囲から誹謗中傷を受けるようになる。ロビンソンに暴行を企てるなど、人々を扇動する中心人物はカニンガムだ。
 町は騒然となる中、裁判が始まる。陪審員は、全員白人男性。アティカスは先入観を持たずに審議するよう陪審員に訴え、淡々と落ち着いた態度で弁護に臨むが……。

 本作は前述のAFIによって、2008年には「最も偉大な法廷ドラマ」の第1位にも選ばれている。だが、映画は幼いスカウトが成長してから、当時の出来事を回想するという形式をとっており、法廷シーンが登場するのは映画開始から1時間もしてから。前半はスカウトとジェムらが元気よく遊びながら、牧歌的な雰囲気のある当時の町のようすが丁寧に描かれる。もっとも、子供の視点からみた大人の世界はなかなかに複雑だ。

 スカウトは、父親が貧しいカニンガムから弁護費用の一部としてクルミを受け取る場面を目撃したり、家から出たことがなく姿をみたことがない、近所に住む“ブー”と呼ばれる青年が化け物ではないかといった噂を確かめようと冒険ごっこで怖い思いをしたり。さらに黒人を弁護するとなった途端、父が良くしてあげたはずのカニンガムが真っ先に敵に回り、学校ではいじめを受ける。スカウトは一つ一つの出来事の意味は正確にはわからなくとも、知らず知らずのうちに人種差別や貧困など、町に根強くはびこる問題を認識し、社会について学んでいく。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 3日
  5. 連載第6回 『アラバマ物語』(1962年)