シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

桐谷美玲、A.B.C-Z戸塚祥太の「ダサ哲」は現場でも大人気と太鼓判

桐谷美玲、A.B.C-Z戸塚祥太の「ダサ哲」は現場でも大人気と太鼓判
A.B.C-Z戸塚祥太のダサコスチュームに大絶賛の桐谷美玲

 17日、グランドオープンしたTOHOシネマズ新宿で、桐谷美玲主演の映画『恋する・ヴァンパイア』(・はハートマーク)がオープニング作品として公開され、桐谷と共演するA.B.C-Zの戸塚祥太が初日舞台あいさつに出席。2人の初デートからミュージカルシーンなど、劇中の撮影を振り返った。この日は田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめと鈴木舞監督も登壇した。

 好きな相手に近づくと、生き血を吸いたくなってしまうヴァンパイア・キイラを演じた桐谷が「哲くんという、いちずに思い続けることのできる相手に出会えたキイラちゃんが、うらやましい」と話すと、哲役の戸塚も自身の役柄について「哲の、頼りなくてさえないところは、自分とシンクロしています。僕も緊張するとヘラヘラしてしまうところがあって。初デートの哲の服装、あの見事なハイウエスト、あれはヒドい。でも自分では抵抗なくできました」とコメント。桐谷が「ダサ哲くんは、撮影現場のスタッフさんにも大人気でした」と明かすと、会場からも歓声が起きた。

 原作・脚本を手掛け、本作が監督デビューとなる鈴木監督が「一番力を入れたのは、哲くんがカッコよく変身するミュージカルシーンでした。スタッフさんには反対されたんですが、どうしてもキイラちゃんと哲くんが踊っているシーンが撮りたくて。撮影日も1日しかなく、雨が降ったら終わりの強行軍でした」とこだわりを明かすと、桐谷は「そうだったんですか。わたしは初顔合わせのときからダンスは苦手って、監督にずっと伝えていたのに、なんでミュージカルシーンがあるのかなって思いました」と納得した表情。一緒に踊った戸塚は「(桐谷は)振り付けもすぐできていたし、完璧なダンサーでしたよ」とフォローすると、鈴木監督も「桐谷さんはリズム感がバッチリで、戸塚さんはアドリブでカッコいいバック転を決めてくれて。現場がすごく盛り上がりました」と、両者をたたえていた。

 本作は、ヴァンパイアという正体を隠しながらパン職人を夢見る少女・キイラ(桐谷)が、初恋の相手・哲(戸塚)と再会したことをきっかけに、人間との恋に悩み、奮闘するさまを描くファンタジックラブロマンス。(取材/岸田智)

映画『恋する・ヴァンパイア』は上映中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 17日
  5. 桐谷美玲、A.B.C-Z戸塚祥太の「ダサ哲」は現場でも大人気と太鼓判