シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

市原隼人が今の映画界に必要…三池崇史監督が語るヤクザヴァンパイア役に選んだ理由

市原隼人が今の映画界に必要…三池崇史監督が語るヤクザヴァンパイア役に選んだ理由
『極道大戦争』でタッグを組んだ三池崇史監督&市原隼人

 三池崇史監督の最新作『極道大戦争』に主演する俳優・市原隼人が20日、東京・港区のビルボードライブ東京で行われた監督がホストを務める人気トークショー「三池崇史監督 presents 大人だけの空間」に出席。「三池監督と三池組の職人気質のスタッフさんとの信頼関係が、とにかく美しかった」と熱く撮影を振り返った市原に、三池監督も「市原隼人という存在が今の映画界には必要」と製作の意図を語った。

 市原はさらに「監督は『映画はハプニングとアクシデントだ』ってよくおっしゃるじゃないですか。僕は、主役は誰かのセリフに対して、ゆらゆら自然体で揺れていられるのが理想だと思う。その化学反応が楽しい」と熱っぽく演技論を続けると、三池監督は「市原くんって、小さいころからこんな感じ? 顔も変わってないんじゃない? 周囲の大人も困っただろうね。でも僕は、市原隼人が今のまま存在できることが、映画界も捨てたもんじゃないというバロメーターだと思っている。エッジの立った彼がこの映画には必要」と市原とタッグを組んだ理由を明かす。

 「市原くんと初めて会ったときのことが忘れられない」という三池監督は、「あの角川春樹さんに役づくりについて聞かれて、市原くんは『俺、役づくりしないんで大丈夫です』って答えて、角川さんの目が点になってた。『こいつ、すげぇな』と思ったよ」と術懐。さらに「ちなみに、ご両親はどういう育て方を?」と市原に率直な質問を投げ、場内を沸かせていた。

 対して、「両親とも厳しくて、お前は頭がいい方じゃないから、人の10倍努力しろ、腰パンなんかはくな、眉毛が細すぎておかしい、もっと太くと、よく言われます」と市原が答えると、三池監督は「やっぱりそうか」と納得。「今回の台本は、市原隼人が出ると決まって、加速度的に極端な方にいってしまった。皆さん、この作品を観て、何なんだこれは? と思ったら、市原隼人のせいだと思ってください」とアピールしていた。

 本作は、ヤクザヴァンパイアにかまれた人間は、次々にヤクザ化してしまうという奇抜な設定の下、ヴァンパイアだった組長の遺志を継いだ亜喜良(市原)が、刺客たちと壮絶な戦いを展開する極道エンターテインメント。(取材/岸田智)

映画『極道大戦争』は6月20日よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 20日
  5. 市原隼人が今の映画界に必要…三池崇史監督が語るヤクザヴァンパイア役に選んだ理由