シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

生田斗真、「嵐」自称しテンパる

生田斗真、「嵐」自称しテンパる
中村義洋監督、濱田岳、戸田恵梨香たちが集結!

 俳優の生田斗真が21日、都内で行われた映画『予告犯』完成披露試写会舞台あいさつに登場した。キャノン砲が打ち上げられ、スモークがたかれる中登場した生田は、「嵐の生田斗真です」とあいさつして会場を盛り上げると、公開初日の舞台あいさつで司会をやることを宣言し、観客を喜ばせた。この日は、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々、中村義洋監督も出席した。

 本作は筒井哲也の同名漫画の実写映画化。新聞紙の頭巾をかぶった謎の“シンブンシ”集団によってネット上に投稿された犯行予告動画や犯行現場を捉えた映像が、やがて警察や世論を巻き込み、予測のつかない事態へと発展していく様子を描いた社会派エンターテインメント。

 派手な演出の中、黄色い歓声を浴びて登場した生田は、「嵐の生田斗真です。なんつって」と冗談をかましつつ、「この映画は、われわれが本当に自信を持ってお届けできる作品です」と自信満々にあいさつ。その後のコメントで少しかんだ生田が、「嵐って言ったことでちょっとテンパっちゃって。怒られるかなって」とはにかむと、観客はさらなる歓声をあげていた。

全体
鈴木亮平&荒川良々も登場

 その後、本作のタイトルにちなんで、6月6日の公開初日までに行う公約を予告として発表することに。劇中の“シンブンシ”にならい、人差し指で前方を指しながら「歌手デビューしてやる」と宣言した鈴木は、「歌って踊れる俳優はカッコイイなと思って。今だったらギリ間に合うんじゃないかな」と自信ありげに説明。荒川は「結婚します!」と言い切り、キャスト陣の度肝を抜いた。

 そんな中、生田も“シンブンシ”然としたポーズで「生田の予告を教えてやる。生田は6月6日、舞台あいさつ、司会やります」と公約を発表。司会業をやったことがないそうで、「『携帯電話の電源はお切りください』からやります」と意欲十分な様子を見せ、客席からは期待の拍手が鳴り響いた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『予告犯』は6月6日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 生田斗真、「嵐」自称しテンパる