シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

西島秀俊と神木隆之介がガチで恋愛会議、男は女の気持ちに鈍感?

西島秀俊と神木隆之介がガチで恋愛会議、男は女の気持ちに鈍感?
撮影現場の和やかさがうかがえる、仲の良さを見せた神木&西島! - 写真:杉映貴子

 映画『脳内ポイズンベリー』で共演を果たした西島秀俊と神木隆之介が、撮影時のエピソードや恋愛観について語り合った。

 恋するヒロイン・いちこ(真木よう子)の頭の中で、どう行動するべきか、脳内メンバーが意見をぶつけ合うという、人の思考を擬人化したユニークな設定の本作。「理性」担当の吉田を演じた西島は、「吉田は脳内会議の議長なんですが、決断力がない一番人間的な役で、リアクションの芝居が多かったです。他のメンバーを演じた人の方が、大変だったんじゃないかな」と撮影を振り返る。

 一方、神木が演じた「ポジティブ」担当の石橋は、「ネガティブ」担当の池田(吉田羊)に対し、常に笑顔で前向きな反対意見を述べるキャラクター。しかも、佐藤祐市監督から高度なアドリブを要求されたそうで、「撮影中は日常生活もポジティブでいるようにしていました。根本からポジティブでいないと、アドリブでネガティブにやられてしまう。羊さんが強く迫ってくるので、油断したら負けてしまうんです」と打ち明ける。そんな神木VS吉田のガチンコ対決を、「役者さんたちのものすごい空中戦を見させてもらっていたような感覚だった」と証言する西島。どれほど熱い演技バトルが繰り広げられていたのかは、映画を観れば一目瞭然だ。

 今回の作品で「恋愛で悩む女性の脳内」を体感した彼らだが、「男は相手との関係がある程度確認できると、それで安心してしまうというか。でも、女性はいろいろと摸索して、関係性を深くしたいと考えているんですよね。勉強になりました」としみじみ語る西島に対し、神木は「恋愛って複雑なので、男性は男性で、女性とは別のことが気になったりするんじゃないですかね?」とにこやかに反論。「いや、男は鈍感だから、あんまり考えていないでしょ(西島)」「うーん……(神木)」と続ける二人の様子は、まるでリアルな脳内会議のようだった。(取材・文:斉藤由紀子)

『脳内ポイズンベリー』は5月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 西島秀俊と神木隆之介がガチで恋愛会議、男は女の気持ちに鈍感?