シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

仲村トオル、小僧扱い「気持ちいい」 変わらぬ「あぶデカ」の先輩たちに笑顔!

仲村トオル、小僧扱い「気持ちいい」 変わらぬ「あぶデカ」の先輩たちに笑顔!
先輩たちとの共演に笑顔の仲村トオルと、柴田恭兵、舘ひろし、浅野温子

 俳優の仲村トオル(49)が、大ヒット刑事ドラマ10年ぶりの新作映画となる『さらば あぶない刑事』の神奈川県横浜市で行われた撮影に、舘ひろし(65)、柴田恭兵(63)、浅野温子(54)らと共に参加。撮影後の会見では先輩たちにイジられながら、“小僧扱い”にうれしそうな笑顔を見せた。

 この日の撮影で四人は、長年シリーズに携わる村川透監督の演出に従いながら、タカ(舘)、ユージ(柴田)、真山薫(浅野)、町田透(仲村)として港署内のシーンに挑戦。息の合ったところを見せた。

 10年の時を全く感じさせないチームワークと、若々しい舘と柴田の姿に「全然変わってないと」話した浅野だが、仲村に対しては「ボケがすご味の増したボケになってきていて、ツッコミどころがなくてすっごく嫌な感じ。スパっと切られるから、絡めないんだもん」と突っ込み。一方の仲村も「逆に嫌な感じですよ! 僕は僕で一生懸命やっているのに……」と苦笑いで返し、周囲を爆笑に包む。

 俳優として輝かしいキャリアを誇る仲村だが、「あぶデカ」の現場では透に戻れるようで、「ここに帰ってくると、そんなふうに小僧扱いされるのが楽しいというか、気持ちいいというのはありますね」と笑顔。さらに、「いい意味でキャラクターがぜんぜん成長しない。タカとユージはあの日のままだっていうところが、『あぶデカ』ファンの僕としては魅力だなと思います」と変わらぬ先輩たちとの共演を心から楽しんでいる様子だった。

 ちなみに、「大ヒットしたら、次回があります」(柴田)と語る先輩たちに合わせ仲村は、「次は、僕が誰かとやります」と高らかに宣言。浅野が「誰かこいつ(外に)出せ!」と突っ込むなど、最後まで笑いの絶えない会見となった。

 本作は大ヒット刑事ドラマ「あぶない刑事」10年ぶりの劇場版最新作。ついに定年を迎えるタカとユージの刑事コンビが、殉職と退職のどちらで刑事生活を終えるのかをめぐる物語が展開する。おなじみのキャストに加え、鷹山の彼女・夏海役として菜々緒が出演。バイクを操る史上最強最悪の敵役を歌手の吉川晃司が務める。(編集部・入倉功一)

映画『さらば あぶない刑事』は2016年お正月 全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 28日
  5. 仲村トオル、小僧扱い「気持ちいい」 変わらぬ「あぶデカ」の先輩たちに笑顔!