シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヤラセ報道の決定的瞬間…『ナイトクローラー』予告編が公開

ヤラセ報道の決定的瞬間…『ナイトクローラー』予告編が公開
10キロ体重を落として挑んだジェイク・ギレンホールの怪演に注目! - 映画『ナイトクローラー』より - (C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ジェイク・ギレンホール主演で、報道スクープ専門の映像パパラッチの闇を描いた映画『ナイトクローラー』の予告編が公開された。映像では、より刺激的な画(え)を撮るために、死体を動かして撮影するという“ヤラセ報道”の決定的瞬間が映し出されている。

 傍受した警察の無線を合図に、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける報道スクープ専門の映像パパラッチ“ナイトクローラー”にスポットを当てた本作。ジェイクは、ある日事故現場を通りかかった際にその存在を知り、彼らの仲間入りを果たした主人公ルーにふんしている。ナイトクローラーとして深夜のロサンゼルスを駆け回り、手に入れた映像をテレビ局に売って金を得ていくうちに、どこにでもいそうな謙虚で平凡な青年だったルーも、より悲惨な映像を欲しがる業界に染まっていき、欲望のまま常識を逸脱した行動を取るようになってしまう。

 予告編では、「お役に立てると思います」と自分をテレビ局の人間に売り込み、ときには同業者にネタを先取りされるなど場数を踏んで成長していくルーの姿が。映像後半には、ルーは彼のモットーである「リスクをとれ」という言葉を繰り返し、ぎらぎらとした目で「犯罪」といわれるような行為に走る様子が流れる。ジェイクは同作のために、約10キロも体重を落として役づくりに励んだとのこと。

 監督・脚本を務めているダン・ギルロイは、「“トラブルを抱えているが、ある種の才能がある”そんなキャラクターに興味をそそられた。ルーは絶望的な状況の中で天職を見つけるんだ。ジェイクにとってこの役柄は変身だったと思う。文字通りの変身だ。彼ほど懸命に自らを駆り立てる役者はまれだね」とルーを演じきったジェイクに大きな賛辞を贈っている。(編集部・井本早紀)

映画『ナイトクローラー』は8月22日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 8日
  5. ヤラセ報道の決定的瞬間…『ナイトクローラー』予告編が公開