シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

哀川翔もうなる、品川ヒロシの“監督力”「全てが全力」

哀川翔もうなる、品川ヒロシの“監督力”「全てが全力」
強い信頼で結ばれた品川ヒロシ監督と哀川翔(写真:高野広美)

 芸能生活30周年を迎えた俳優・哀川翔が通算111本目の主演を務めた映画『Zアイランド』が16日に公開される。その記念すべき作品で哀川が監督として指名したのは、芸人として活躍する傍ら、これが長編映画監督4作目となる品川ヒロシ監督。哀川はなぜ品川を監督に選んだのだろうか。強い信頼で結ばれた二人が本作に懸けた思いを語り合った。

 本作は、絶海の孤島でヤクザとゾンビが壮絶なバトルを繰り広げる異色のアクションエンターテインメント。品川に監督を依頼した理由について哀川は「(品川の)監督第1作の『ドロップ』から出させてもらっているけど、監督としてすでに完成しているから」ときっぱり。品川も「ずっとかわいがってもらっていた恩返しにもなるし、自分にとってもチャンスですからね」とオファーをもらった喜びを言葉にする。

 哀川の芸能生活30周年記念映画に「ヤクザVSゾンビ」の企画をぶつけるというのも大胆だが、品川は「僕は元ヤクザがゾンビをやっつけるこの企画は、翔さんにピッタリだと普通に思っただけなんですよね」と奇をてらったものではないことを強調。哀川も「俺も聞いてスゲー面白いと思ったし、そうなったら30周年も関係ないよ」とノリノリでGOサインを出したことを明かした。

 こうして二人の信頼関係によって完成した映画を観た哀川は、「観る人の立ち位置によって感じ方や見え方が変わってくるものが本来の映画だと思うんだけど、品川はそういう作り方をしている。そこの才能はスゴい」と絶賛。「撮りたい画を誰が何と言おうとへこたれずにちゃんと撮るからえらい。まさに『監督力』を感じたよ」と品川の才能をたたえた。

 これまで数多くの映画監督と仕事をしてきた哀川がなぜ今回、本職はお笑い芸人の品川を起用したのかの真意も見え隠れする。「プロや職人はユルいところとキツいところの強弱が出るけど、品川は監督が本職じゃないから全てが全力。だから、こういう隙のない映画ができるんですよ」。

 そう語る哀川に「本業とか副業とか関係なく、僕はどっちも好きだから全力でやっているだけ」とほほ笑んだ品川。つまりは、面白いと思うものを全力で作る姿勢と才能があれば、肩書や職業は関係ないということなのだろう。(取材・文:イソガイマサト)

映画『Zアイランド』は5月16日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 哀川翔もうなる、品川ヒロシの“監督力”「全てが全力」