シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ぱるる、AKBドラフト会議でまたもや1位指名を引き当てる強運!(1/2)

ぱるる、AKBドラフト会議でまたもや1位指名を引き当てる強運!
島崎遥香の強運は健在! - (C)AKS

 新たなメンバーを指名する「第2回AKB48グループ ドラフト会議」が10日、有明コロシアムでが行われ、オーディションを突破したドラフト候補生47名の中から、24名が指名を受けた。

 AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の全13チームのキャプテン(SKE48はリーダー)と、各劇場支配人、それぞれのチームメンバーから選出されるスカウトマンらで協議の上、ドラフト候補生の中から自分たちのチームに必要な人材を指名し、新たなチームメンバーを決定する本イベント。チーム入りが決定した候補者は、各チームに「研究生」として加入し、正規メンバーへの昇格を目指すことになる。

 今回、1位指名が重なったのは、埼玉在住の15歳・樋渡結依(AKB48チームA、NMB48チームN、NMB48チームBIIが指名)。指名が重なった候補者は抽選が行われることとなっており、AKB48チームAからは、島崎遥香がくじ引きに参加。昨年は、5チームが競合したドラフト候補生の川本紗矢を見事引き当てたという島崎の強運ぶりは今年も健在。「去年、紗矢を引いたので、みんなからの圧力がすごかった。絶対に無理だと思ったけど、でも今年も頑張るぞという思いで引きました」と大喜びで語る島崎に、樋渡も「ずっとあこがれていたAKBにとっていただいてうれしい。はやく認めてもらえるようにがんばりたい」と決意を語った。

 また、愛知在住の12歳・水野愛理も、3チームから1位指名を獲得。くじ引きの結果、SKE48チームKIIが交渉権を獲得。同チームリーダーの大場美奈は「チームKIIとしても欲しかったし、SKE48全体としても(獲得が)願いだった。とれて良かった」と笑顔を見せると、水野も「今日の朝まで指名されるか分からなくて、すごく震えていましたけど、良かったなと思います」と涙ながらに喜びのコメントを寄せた。

ドラフト会議開催!
ドラフト会議開催!(C)AKS

 最終的に今年は47名中24名が交渉権を獲得。高橋みなみ総監督は指名されなかったドラフト候補生を思いやり「本当に胸が苦しくなります。正直、全員とりたいというのが1番の気持ちですが、(将来のことは)責任を持って選ばなければいけない。わたしもオーディションには7回くらい落ちました。今回の経験を生かしてぜひ夢を勝ち取ってください」とエールを送った。(取材・文:壬生智裕)

<各チームの指名者は以下の通り・数字は指名順、《》内は最初に指名した候補者>
AKB48チームA=[1]樋渡結依(15歳・埼玉)[2]選択終了
AKB48チームK=[1]《水野愛理→》野村奈央(15歳・愛知)[2]《西仲七海→》久保怜音(11歳・神奈川)[3]選択終了
AKB48チームB=[1]高橋希良(14歳・東京)[2]《一色嶺奈→》西川怜(11歳・東京)[3]山邊歩夢(13歳・千葉)[4]選択終了
AKB48チーム4=[1]千葉恵里(11歳・神奈川県)[2]選択終了


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 11日
  5. ぱるる、AKBドラフト会議でまたもや1位指名を引き当てる強運!