シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真木よう子の素顔を西島秀俊が暴露!本当は周囲を「笑わせてやろう!」と思っている!?

真木よう子の素顔を西島秀俊が暴露!本当は周囲を「笑わせてやろう!」と思っている!?
左から神木隆之介、真木よう子、西島秀俊 - 写真:高野広美

 2人の男性の間で揺れるいちこの脳内で理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶が会議を繰り広げるラブコメディー『脳内ポイズンベリー』で、いちこを演じた真木よう子と、理性担当の吉田を演じた西島秀俊、ポジティブ担当の石橋を演じた神木隆之介が、自身の頭の中を分析し、撮影の様子を明かした。

 これまでのクールな役柄から一転、脳内で会議が紛糾し、混乱を極めるいちこをコミカルに演じた真木は、自身を「頭の中にはポジティブしかいないです。悩んだりもするけど、『うん、なんとかなる』『まあいいや』って、最終的になっちゃう(笑)」と分析。

 本作では、オーバーな表情などもノリノリで演じているが、「いちこみたいな普通の女の子は、いろいろな表現ができてすごく楽しかったです。もっとやれば良かったぐらい」と撮影を楽しんだ様子。そんな真木についてドラマ「MOZU」でも共演している西島が「みんなが知らないだけで、割と普段はいちこみたいな感じですよね。常に周りを『笑わせてやろう!』と思ってる(笑)」と明かすと、真木は「そうなんですよ。わたしも、本当はこっちの方が近いと思っています!」と訴え、「これからこういう役柄も演じて、真木よう子のイメージを幅広く持ってもらいたいです!」と意欲を見せた。

 一方、「僕の頭の中では、(桜田ひよりふんする衝動担当の)ハトコが飛んでます」と言う西島は、撮影に臨む際にもハトコに突き動かされたようで、「僕、『吉田はメガネが大事だ』と思って、あちこちお店を回っていろんなメガネを見たんですよ。それで、あるお店でとうとう『これだ!』というのを見つけて自信満々で現場に持って行ったんですけど、監督から却下されまして……。演技もあれこれ考えて行ったんですけど、監督から『周りがすごい人たちばかりだから、西島くんはただそこに座って見ていればいいから』と言われて、実際に『ああ、神木くん、大変そうだな』と見ているだけでした(笑)」と気合が空振りに終わってしまったそう。

 そして、吉田羊演じるネガティブ担当の池田と激しいバトルを繰り広げる神木は、「僕はポジティブとネガティブが同じぐらいの割合でいます。映画と同じようにずっとせめぎ合っている感じで、もう本当に五分五分。議長は大変だと思います(笑)」と告白。撮影中は自身の中のネガティブを眠らせるのに苦労したそうで、「監督がなかなかカットをかけないので、ずっとポジティブのままやり続けないといけなかったんです。本当に疲れました……(苦笑)」と振り返っていた。

映画『脳内ポイズンベリー』は5月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 8日
  5. 真木よう子の素顔を西島秀俊が暴露!本当は周囲を「笑わせてやろう!」と思っている!?