シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

瀧本美織、「フランダースの犬」ネロに顔がソックリ?実写版にも意欲!

瀧本美織、「フランダースの犬」ネロに顔がソックリ?実写版にも意欲!
ネロに顔が似てきた? 瀧本美織

 女優の瀧本美織が14日、新宿バルト9で行われた映画『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露上映会に出席した。この日は監督・脚本・声優を務めたFROGMAN、犬山イヌコ、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、村井國夫も出席。さらに、同作の主題歌「パパの子守歌」を人気バンドのクレイジーケンバンドが担当することも発表され、ボーカルの横山剣が登壇した。

 同作は、「秘密結社 鷹の爪」シリーズを手掛けるFROGMANが、ギャグ漫画家・赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」を初めて長編アニメ映画化した作品。人気アニメ「フランダースの犬」とコラボレーションし、悪の手先となったネロとパトラッシュが、バカボン一家に戦いを挑むさまを描き出す。

 瀧本は劇中でネロの声を担当。自分たちを不幸な状況に追い込んだ人間たちへの復讐(ふくしゅう)を誓う、悪魔のような存在として人間界によみがえる。そんな破天荒な設定に瀧本は「(ネロが)人間に復讐(ふくしゅう)するという切り口がさすがだなと。これはFROGMANさんにしかできない映画だなと感じましたね」と絶賛。一方のFROGMANは、「遠回しに褒めてないですよね」とちゃかしてみせる。

 そんな瀧本のネロについて犬山は「ネロが似ているんですよ。すごいなと思っていて」と絶賛。瀧本も「言われるんですよ」と自負するが、続けて「声かと思ったら……顔がって」とコメント。周囲から「実写版もできますよね」という声が起こると、本人も「やらせてもらいます!」と意欲十分だった。

 劇場が笑いに包まれる中、FROGMANは「一言だけと思ったけど、急きょ長めに話しちゃおうかと。この映画の制作が発表されたときに父が亡くなっているんです。病院で父に特報を見せたことがありました」と告白。「僕は7人兄弟の7番目。昨今、子供をたくさんつくったりするのをリスキーだというお利口な方がいますが、そういう意味では親父の生き方って利口じゃなかった。けど、そんな父親の7番目の子に生まれることができて、大人になるまで育ててくれて。親父、バカでよかったなと。今回の作品は、そんな親父にささげる作品になったと思います。しめっぽくなってすみません」と締めくくったFROGMANの言葉に、心なしか上島の瞳が潤んでいるように見えた。(壬生智裕)

映画『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』は5月23日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 14日
  5. 瀧本美織、「フランダースの犬」ネロに顔がソックリ?実写版にも意欲!