シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ハリー・ポッター』人気スターたちの今(1/2)

『ハリー・ポッター』人気スターたちの今
ルパート・グリント、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン - Travis P Ball / Getty Images for SXSW(左)、Michael Tran / FilmMagic / Getty Images(右)

 『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフがある日突然、人に真実を語らせる不思議な力を持つ角が頭に生えた男を演じた映画『ホーンズ 容疑者と告白の角』が、今月9日より日本公開された。10年にわたって続いた人気シリーズの完結からはや4年、『ハリポタ』スターたちはそれぞれ今、どのような道を歩んでいるのだろうか。

■ダニエル・ラドクリフ、過激な役でイメージ払拭?

 主人公ハリー役で一躍スターの仲間入りを果たしたダニエル(25)が、シリーズ終了後にまず選んだのは、不気味な館で不可解な現象に巻き込まれる弁護士を演じたホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(2012)。その後も、友情と恋の境界線で揺れる“草食系男子”を演じたラブコメ『もしも君に恋したら。』(2013・日本劇場未公開)や、今作『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2013)など、これまでのイメージを払拭(ふっしょく)するかのようにさまざまな役に挑み続けている。

 中でも、同性愛者として知られる実在の詩人アレン・ギンズバーグを演じた『キル・ユア・ダーリン』(2013・日本劇場未公開)では、男性同士のキスシーンやベッドシーンを披露しファンに衝撃を与えた。ちなみにプライベートでは、同作に出演していた女優エリン・ダークとの交際が報じられている。

 今後も出演作がめじろ押しで、かの有名なフランケンシュタイン博士の助手イゴール役を務める『ビクター・フランケンシュタイン(原題) / Victor Frankenstein』が10月に全米公開を控えているほか、人気ゲーム「グランド・セフト・オート」の舞台裏を描くテレビ映画「ゲーム・チェンジャー(原題) / Game Changer」などへの出演が決まっている。また昨年8月には、かつて読売新聞社に所属していたアメリカ人記者ジェイク・エーデルスタイン氏の回想録を映画化する『トーキョー・バイス(原題) / Tokyo Vice』に主演するため、日本語を猛勉強中であることを明かしており、日本人としては楽しみなところだ。

■エマ・ワトソン、ハーマイオニー顔負けの才女ぶり

 『ハリポタ』出身の俳優の中で、最も目立った活動をしているといえるのがハーマイオニー役のエマ・ワトソン(25)だろう。シリーズ終了後の出演作は、思春期の青年たちの揺れ動く思いを描いた『ウォールフラワー』(2012)、実際に起きたティーンによるセレブを狙った窃盗事件を基にした『ブリングリング』(2013)、旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した『ノア 約束の舟』(2014)など、どれも話題を呼んだものばかり。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 23日
  5. 『ハリー・ポッター』人気スターたちの今