シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

第10回『シェルブールの雨傘』(1964年)【名画プレイバック】(1/2)

第10回『シェルブールの雨傘』(1964年)
『シェルブールの雨傘』(1964年)ポスター - Zeitgeist Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『シェルブールの雨傘』は、言わずと知れたフランスが誇る女優、カトリーヌ・ドヌーヴがブレイクを果たしたミュージカル映画。第17回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作でもあるが、ぱっと頭に浮かぶのはミシェル・ルグランによる同名のテーマ曲だろう。映画そのものは観ておらずとも、その印象的な旋律は、誰もが1度は耳にしたことがあるはず。映画音楽の枠を超えて愛され続けている名曲中の名曲だ。(今祥枝)

 映画は、第1部「旅立ち」、第2部「不在」、第3部「帰還」、そして短いエピローグという構成。始まりは、アルジェリア戦争中の1957年11月、フランスの港町シェルブール。20歳の自動車整備工ギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)と17歳のジュヌヴィエーブ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は運命の恋人同士だが、母エムリ夫人(アンヌ・ヴェルノン)とふたり暮らしのジュヌヴィエーブは「まだ若すぎる」と交際・結婚に反対される。そんな中、ギイが兵役で2年間戦地へ赴くことになり、再会を誓って泣く泣くふたりは別れる。1958年1月、妊娠が判明したジュヌヴィエーブは、ギイの不在に耐えられず、さらに彼女に一目惚れした裕福な宝石商カサール(マルク・ミシェル)のプロポーズに心掻き乱される。1959年1月、足を負傷して除隊となったギイが帰郷するが……。

 男女のすれ違いを描いた物語は、ありふれたものと言える。中学生の時分に観た私は、台詞はすべてメロディーに乗せて歌われるスタイルや、色彩感覚に優れた映像世界、「あるところに若い恋人同士が~~」といった、おとぎ話でもあるかのような語り口は現実離れしていると思ったし、ジュヌヴィエーブはたった2年も恋人を待つことができないのかなどと、生意気にも腹を立てたりしたものだった。だから1964年当時、ヌーベルバーグの左岸派と呼ばれたジャック・ドゥミ監督の実験精神とクラシカルな要素が共存する作風が新鮮味をもって批評家に歓迎され、評価されたという事実は納得できたが、私にとって、今で言うところの“ツンデレ”感たっぷりのドヌーヴの美貌と、胸を打つメロディアスなテーマ曲の素晴しさが本作の魅力のほぼすべてだったと記憶している。

 その2点が最大の見どころであることは確かだが、後年見返してみると全く印象は変わった。それは美しい一編の詩のような本作が、いかに残酷で普遍的な恋愛の不条理を描いているかを実感できたからにほかならない。第2章は文字通りギイが「不在」であることが構成の巧みさで、ギイを思いながらも1分、1秒が永遠にも感じられ、目の前にいる理想的な男性との間で揺れるジュヌヴィエーブの複雑な心情は、ある程度の年齢になればリアルに感じられる女性が多いはず。一方、ギイもまた戦地で長い長い時間を過ごしたのだろうが、この両者のズレは残酷だがいかんともしがたいのである。いつの時代にも、誰しもが1度はこのズレに痛手を負うのではないだろうか。「彼が去ったとき どうして私も死んでしまわなかったのかしら」と苦しい胸の内を歌い上げるジュヌヴィエーブの思いは本物だろうが、その後の決断もまた彼女自身のものである。相手を傷つけ、自分も傷つき、他人をも巻き込み、永遠だと信じたものが一瞬にして幻のように消えてしまうはかなさ。そうした愛の痛みを胸に抱えながら、人は人生を前に進めていかなければならない生き物なのだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 第10回『シェルブールの雨傘』(1964年)