シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ハリポタ』マルフォイ役のトム・フェルトン来日! 「日本のファンは世界で一番熱い」

『ハリポタ』マルフォイ役のトム・フェルトン来日! 「日本のファンは世界で一番熱い」
6度目の来日を果たしファンとの交流やプライベートな旅行を楽しんだトム・フェルトン

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイ役でおなじみのトム・フェルトンが6度目の来日を果たし、24日、都内でサイン&撮影会が開催された。休憩時間を利用してインタビューに応じたトムは、「自分が有名になったことを実感したのは、(初来日で)日本の空港に降りたとき、女の子たちが『ドラコ、いらっしゃい!』と書いたカードを持って熱狂的に迎えてくれたからなんだ」と述懐。「日本のファンは世界で一番情熱的だね!」と太鼓判を押した。

 この日会場には、熱狂的なファン約500人が詰め掛け、若い女性グループからカップル、親子連れ、中には映画のコスプレで身を包んだ筋金入りのファンの姿も。サインと写真撮影を終えたある女子高生コンビは、「気さくで優しすぎるよ、トム!」「クラクラするわ!」など、興奮冷めやらぬ様子。そんな中、時間が押してファンを待たせたことを気にしてか、突然トムが待合室を慰問。黄色い声が飛び交う中、一瞬にして写メ大会となった。

 今回、プライベート旅行も兼ねて来日したというトムは、すでに「日本を満喫したよ」とご満悦の表情。相撲部屋を見学したというトムは、「昔、お相撲さんになろうと思っていたからね(笑)」とジョークを飛ばしながら、「国会議事堂、築地市場、それから炉端焼きや鉄板焼きなど、いろいろなジャパニーズレストランもまわったよ」と目を輝かせる。

トム・フェルトン
サイン会には本人が太鼓判を押す日本のファン約500人が集まった

 また、『ハリー・ポッター』についての思いを尋ねると、「撮影が全て終わったときは、どんどん人に忘れられて、このまま無くなっていくものだと思っていた。ところが実際は、USJにアトラクションができたり、イベントにも大勢の方が来てくれたり、逆に大きくなっている。日本は世界一情熱的なファンが多いね」と感慨ひとしおの様子。ともに歩んだマルフォイ役についても、「演じるのが楽しかったので、今はとても恋しい」と吐露するも、「でも、ファンの心の中で生き続けているんだよね」と満面の笑みで語った。

 現在、『ウォーターワールド』の巨匠ケヴィン・レイノルズがメガホンを取る歴史大作『リズン(原題)/ RISEN』が待機中のトム。『ハリー・ポッター』を愛し、マルフォイを愛し、そして日本のファンをどこよりも大切にする彼の今後の活躍に期待したい。(取材:坂田正樹)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 『ハリポタ』マルフォイ役のトム・フェルトン来日! 「日本のファンは世界で一番熱い」