シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「花子とアン」中島歩、朝からピンク映画を鑑賞

「花子とアン」中島歩、朝からピンク映画を鑑賞
最近一番影響を受けたのは黒沢清監督の作品だと明かした中島歩

 テレビドラマ「花子とアン」などの中島歩が26日、都内で行われた映画『グッド・ストライプス』トークイベントに出席し、朝から黒沢清監督のピンク映画を観ていたことを告白した。この日は菊池亜希子、岨手由貴子監督も登壇した。

 イベントでは、結婚しても好きなものや生き方を変えない本作のキャラクターにちなんで、三人のこだわりのライフスタイルを明かすという一幕が。中島は「舞台、映画ですね。時間があれば行くようにはしていて、そこで出会うものが俳優としてのモチベーションになります」と回答した上で、最近一番影響を受けた作品として「黒沢清の『神田川淫乱戦争』っていうポルノ映画なんですけど。朝から観ていました」と明かした。

 対して子供を産んだばかりの岨手監督は、「喧騒(けんそう)から逃れて、ゆっくり先を整理する時間。子供を産んだばかりのときはノイローゼ気味で、自由な時間ができたときに、特にそれを感じました」と吐露。その思いに菊池は「まだ産んでいないので実感は湧かないんですが、子育てに対する興味はあります。吉田戦車さんと、奥さんの伊藤理佐さんがそれぞれ描かれた子育ての作品があるんですが、それが好きなんです」と自身の子育てに対する見解を語っていた。

 またこの日は、クランクイン前に三人が実施したキャラクター作りに対する議論の様子も公表。その際、キャラクターを知ってもらうために、岨手監督は二人のキャラクターを想定して選曲したCDを、菊池と中島に渡していたことを告白。そのCDの内容に対して菊池は「知っている曲は10何曲かあった中で3曲くらいだったかな。台本を読んだときには、この役は自分に近いキャラクターだと思っていましたが、そのときに想定されているものには結構ズレがあるものだということを感じました」と語りながら、さまざまな壁に取り組んだ撮影を振り返った。(取材・文:桂伸也)

映画『グッド・ストライプス』は5月30日より新宿武蔵野館ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 「花子とアン」中島歩、朝からピンク映画を鑑賞