シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

セカオワ、実写版『進撃の巨人』主題歌を担当 全編英語詞で世界公開を視野

セカオワ、実写版『進撃の巨人』主題歌を担当 全編英語詞で世界公開を視野
海外にも熱狂的なファンが多いことから、世界中から公開オファーが殺到 - 『進撃の巨人』 - (C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会(C)諫山創/講談社

 全世界累計発行部数5,000万部を突破した諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の主題歌を、人気バンド SEKAI NO OWARI が担当することがわかった。彼らは、8月1日公開の前編、9月19日公開の後編の2作に書き下ろしの新曲「ANTI-HERO」「SOS」を提供する。

 映画がすでに世界中から公開オファーが殺到していることから、 SEKAI NO OWARI は今回の主題歌で全編英語詞に挑戦。さらに前編の主題歌「ANTI-HERO」では、Gorillazやカサビアンのプロデューサーであるダン・ジ・オートメイターと、また後編の主題歌「SOS」ではシガー・ロスのプロデューサーであるケン・トマスとコラボし、アメリカやロンドンでレコーディングに臨んでいるという。

SEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARI - (C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会(C)諫山創/講談社

 「ANTI-HERO」の作詞を担当したFukaseは、楽曲に込めた思いに触れ、「今回、映画『進撃の巨人』のタイアップ用に書き下ろさせていただいた『ANTI-HERO』という楽曲のテーマは“悪役のラブソング”です。大切な人を守るときに、ためらいたくない、世間の目なんか気にしたくない。という気持ちから書き始めました」 と語っている。一方、「SOS」の作詞を務めたSaoriは、「戦いがテーマであるこの映画を見て、『誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ』という歌詞を書きました」と明かしている。

 劇中で主人公のエレンを演じている三浦春馬は、楽曲について「 SEKAI NO OWARI さんのこれまでとはまた違った世界観を持った楽曲で、『進撃の巨人』の内なるテーマが歌詞とリズム、メロディーで絶妙に表現されています」と熱いコメント。続けて「聴けば聴くほど、不思議な魅力に取りつかれるような中毒性のあるすてきな楽曲だと感じました」とすっかりとりこになっている様子も見せている。(編集部・井本早紀)

前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日より全国東宝系にて公開
後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日より全国東宝系にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 27日
  5. セカオワ、実写版『進撃の巨人』主題歌を担当 全編英語詞で世界公開を視野